# CRISPRメモ簡略化模索中、今回は和文を文字通りのメモに、いずれは英文書誌事項限りになるか ...

1. ダイズ; 光周的花成制御・地域適合 [中国科学院作物科学研究所]
[出典] Natural variation and CRISPR/Cas9-mediated mutation in GmPRR37 affect photoperiodic flowering and contribute to regional adaptation of soybean. Wang L [..] Hou W, Han T. Plant Biotechnol J. 2020-01-25

2. イネ; Cas9, HiFiCa9, Cas9 D10A, AsCas12a, LbCas12aのRNPによるフィトエン不飽和化酵素遺伝子の編集効率を比較; LbCas12aがベスト [アイオワ州立大とntegrated DNA Technologies]
[出典] Comparison of CRISPR-Cas9/Cas12a Ribonucleoprotein Complexes for Genome Editing Efficiency in the Rice Phytoene Desaturase (OsPDS) Gene. Banakar R [..] Wang K. Rice (N Y). 2020-01-21

3. 熱帯熱マラリア原虫; GCリッチなノンコーディングRNA全てをCRISPRiで抑制することで、var遺伝子の相互排他的転写の切り換えを介した原虫の免疫回避の抑制を実現 [パスツール研究所]
[出典] CRISPR Interference of a Clonally Variant GC-Rich Noncoding RNA Family Leads to General Repression of var Genes in Plasmodium falciparum. Barcons-Simon A [..] Scherf A. mBio 2020-01-21

4.  Methods誌CRISPR-Casシステム特集号 (2レビューと7メソッド論文収録)
  • [Editorial] Methods for characterizing, applying, and teaching CRISPR-Cas systems. Beisel CL. Methods 2020-01-16. 
  • CRISPR-Cas bioinformatics. Alkhnbashi OS, Meier T, Mitrofanov A, Backofen R, Voß B. Methods 2019-07-19.
  • Approaches to study CRISPR RNA biogenesis and the Key players involved. Behler J, Hess WR. Methods 2019-07-17.
  • Medium-throughput in vitro detection of DNA cleavage by CRISPR-Cas12a. Creutzburg SCA, Swartjes T, van der Oost 2. Methods 201911-11.
  • Biochemical characterization of RNA-guided ribonuclease activities for CRISPR-Cas9 systems. Gramelspacher MJ, Hou Z, Zhang Y. Methods 2019-06-20.
  • An enhanced assay to characterize anti-CRISPR proteins using a cell-free transcription-translation system. Wandera KG, Collins SP, Wimmer F, Marshall R, Noireaux V, Beisel CL. Methods 2019-05-21.
  • Adaptation and application of a two-plasmid inducible CRISPR-Cas9 system in Clostridium beijerinckiiDiallo M [..] van der Oost J, Ferreira NL, López-Contreras AM. Methods 2019-07-27.
  • Gene silencing with CRISPRi in bacteria and optimization of dCas9 expression levels. Depardieu F, Bikard D. Methods 2019-08-01.
  • CRISPRi as an efficient tool for gene repression in Archaea. Stachler AE, Schwarz TS, Schreiber S, Marchfelder A. Methods 2019-05-28.
  • CRISPR-Cas experiments for schools and the public. Ziegler H. Methods 2019-08-28.

  1. CRISPRメモ_2020/01/26 -2 [第6項]  CRISPR-Cas12aを介してDNAの指数関数的増幅法rolling circle application (RCA)から偽陽性を排除する
  2. CRISPRメモ_2020/01/17 [第2項] CRISPRaを介した生合成遺伝子クラスタの活性化から糸状菌から生理活性分子を発見する
  3. CRISPRメモ_2020/01/13 - 3  [第4項] CRISPR/Cas12aによるイネの病原体診断とGMO同定
  4. CRISPRメモ_2020/01/12 - 2 [第8項] CRISPR/Cas12aによりエクソソームを迅速かつ高感度で検出
  5. 2019-12-31 好熱性菌類Myceliophthora thermophilaのCRISPR-Cas9ゲノム編集法をアップグレード
  6. CRISPRメモ_2019/12/30 [第2項] [レビュー] RNAにガイドされるCas9とCas12aヌクレアーゼによるDNA切断
  7. CRISPRメモ_2019/12/22 [第1項] Cas12aによって、マイクロホモロジー媒介末端結合を介して、効率的で精密な遺伝子タギングを実現
  8. CRISPRメモ_2019/12/20 [第4項] dCas12a (Cpf1)に基づくCRISPRiにて、lacリプレッサーを介して速生育性のシアノバクテリアSynechococcus sp. UTEX 2973の光合成の鍵過程の抑制を調節
  9. CRISPRメモ_2019/12/12 [第2項] CRISPR/Cas9で誘導した両アレル変異体を、Cas12aにもとづくバイオセンシング・プラットフォームにより、精密かつ効率的にスクリーニングする; [第5項] CRISPR-CasがHDRを介したもたらす結果の多様性を検証する (Cas9に加えてCas12aを含む)
  10. CRISPRメモ_2019/12/07 - 1 [第4項] [レビュー] Casヌクレアーゼ、Cas改変体、および、塩基編集 (BEs)による植物ゲノム編集の最新動向
  11. 2019-12-06 Cas12aオーソログから560種類の合成キメラCas12aライブラリを構築し、ゲノム編集活性を評価
  12. 2019-11-27 小麦遺伝子編集に最適なCRISPR-Casシステムを同定し、半数体を効率的に誘導 (Cas12a (Cpf1)を含む)
  13. 2019-11-25 CRISPR-Casによる標的領域のエンリッチメントとナノポア技術により、STRsを16時間で判定可能に (Cas12aとCas9)
  14. 2019-11-20 ゼブラフィッシュとヒト細胞のCRSIPRツールボックスにErCas12a加わる
  15. CRISPRメモ_2019/11/18 -2 [第8項] 簡便な装置で電気泳動からの定量化よりもハイスループットなDNA切断定量法
  16. CRISPRメモ_2019/11/14 - 2 [第11項] [レビュー] CRISPR/Casゲノム編集技術によるHDRを介した精密な植物遺伝子ターゲッティングの現状と将来
  17. CRISPRメモ_2019/11/02 [第3項] [PAMs同定] Efficient cleavage resolves PAM preferences of CRISPR-Cas in human cells. Tang L [..] Gu F. Cell Regeneration. 2019-10-28.
  18. CRISPRメモ_2019/11/01 [第4項] [技術開発] Contamination-free visual detection of CaMV35S promoter amplicon using CRISPR/Cas12a coupled with a designed reaction vessel: Rapid, specific and sensitive.
  19. 2019-10-31 CRISPR-Cas RNPの気道上皮細胞への効率的デリバリーを実現するシャトルペプチドを開発
  20. CRISPRメモ_2019/10/18 [第2項] Cas12aは、crRNAと標的鎖が非相補的であっても、DNA鎖の物理的特性 (柔軟性)を介してdsDNAに結合するが、crRNA/DNA二重鎖が形成されないため、dsDNA切断に至らない
  21. CRISPRメモ_2019/10/15 [第3項] 比較的低温で培養される植物のゲノム編集に有効なLbCas12a変異体を作出
  22. 2019-10-06 Cas12a (Cpf1)のコラテラルssDNA切断活性をベースとして、電気化学的バイオセンサ (E-CRISPR)を開発
  23. CRISPRメモ_2019-10-06 [第3項] CRISPR-Cas12aに基づいて、アフリカ豚コレラウイルス (ASFV)をハイスループット・超高感度で検出するシステムを開発
  24. CRISPRメモ_2019-10-02 - 2 [第5項] Cas12aのコラテラル・デオキシリボヌクレアーゼ活性を利用して、環境DNA (eDNA)から種を同定
  25. CRISPRメモ_2019-09-26 - 2 [第12項] HOLMESv2: a CRISPR-Cas12b-assisted platform for nucleic acid detection and DNA methylation quantitation.
  26. CRISPRメモ_2019/09/22 - 2 [第9項] Cas12aによるClostridium ljungdahliiの遺伝子編集を介した炭素フラックスのリダイレクトと合成ガスからの酪酸生産への応用
  27. CRISPRメモ_2019/09/13 [第1項] [特許公開] 新奇CRISPRエフェクタとシステム
  28. 2018-09-08 抗CRISPR (Acr)タンパク質:3種類のCas12a阻害タンパク質を発見
  29. 2019-09-06 葡萄畑でつかまえて:Cas12aコラテラルDNaseと金ナノ粒子コロイド溶液色変化により葡萄ウイルスを検知
  30. CRISPRメモ_2019/09/04 - 2 [第5項] CRISPR-Cas12とCas13の特徴; [第6項] CRISPR-Cas12aにプラチマ・ナノ粒子レポータを組み合わせることで、目視でのSNVs/SNPs定量を実現
  31. CRISPRメモ_2019/06/19-1 [第3項] 深層学習によりCRISPR-Cpf1のオンターゲット編集活性とオフターゲット編集発生を予測
  32. CRISPRメモ_2019/09/01 [第1項] Cas12aVDet:核酸の迅速可視化を実現するプラットフォームをCas12aに基づいて構築
  33. 2019-08-31 抗CRISPRタンパク質AcrVA4は三段構えでCRISPR-Cas12aを阻害する
  34. 2019-08-29 プール型CRISPRスクリーニングにはCas9よりもCas12a(ガイドの最適化にSeq-DeepCpf1を利用)
  35. 2019-08-25 Cas12aにより次世代DNAハイドロゲルを開発 - バイオセンサー, バイオエレクトロニクス, 組織工学などへ
  36. CRISPRメモ_2019/08/19 [第4項] CRISPR-MbCas12a (Moraxella bovoculi AAX11_00205)によりマウスにおいて効率的な多重ゲノム編集を実現; [第5項] Cas12aがUUUNをPAMとして認識することを発見し、Cas12aのコラテラルssDNaseを利用した高感度核酸検出ツールを拡張; [第8項] 8. FnCas9, nCas9-Target-AIDならびにSaCas9による異質四倍体タバコのゲノム編集
  37. 2019-08-23
  38. 腫瘍免疫療法の新たな標的をin vitro/in vivoゲノムワイドCRISPRスクリーンにより発見
  39. 2019-08-18 Cas12a (Cpf1)を分割し、光誘導型および自発結合型のゲノム編集ツールを実現
  40. 2019-08-17 嚢胞性線維症に見られるスプライシング異常をAsCas12aを介したアレル特異的編集により修復
  41. 2019-08-16 Cas12aを介して核酸と抗体の超高感度検出を実現
  42. 2019-08-15 CRISPR-Cas12aを介して多彩な低分子を高感度で検出
  43. 2019-08-13 SiT-Cas12a: 単一mRNA (Single-Transcript)にコードしたCas12aとCRISPRアレイよる多重ゲノム工学
  44. CRISPRメモ_2019/08/13 [第2項] CRISPR/Cas12aにより植物遺伝子ターゲッティングを亢進
  45. 2019-08-10
  46. 抗CRISPRタンパク質AcrVA4がCRISPR-Cas12aを特異的に阻害する構造基盤
  47. CRISPRメモ_2019/08/09 [第1項] ヒト細胞においてHDRを介した精密な多重遺伝子同時編集を実現する法; [第3項] Cas12aに基づくアフリカ豚コレラウイルス (ASFV)のオンサイト迅速検出; [第4項] CRISPR/Cas12a/13aシステムを介して、遺伝子を肉眼で検出する
  48. 2019-08-06 ポータブルCRISPR診断技術とスタートアップ企業まとめ
  49. 2019-07-18 AsCpf1の多重化に基づくゲノムワイドCRISPRノックアウトスクリーン用ライブラリの最小化
  50. 2019-07-11 4種類のCas9sとAsCas12aの10,000を超えるプール型DNAライブラリーに対する切断動態の集約とモデル構築
  51. CRISPRメモ_2019/07/04 [第1項] CDetection: CRISPR-Cas12bによりDNAをサブアトモル濃度の感度かつ一塩基の特異度で検出するツールを開発
  52. 2019-07-04 CRATES: CRISPRアレイに加えてそのライブラリーも効率よく合成する手法を開発
  53. CRISPRメモ_2019/06/24 [第2項] CRISPR/Cas12aによるS. cerevisiae多重ゲノム編集と酵母ピクセルの生成
  54. 2019-06-08 CAST: CRISPR-Casシステムとトランスポザーゼの協働により、標的ゲノムを切断することなく、外来DNAの挿入を実現
  55. CRISPRメモ_2019/06/05 [第4項] タイプV-A anti-CRISPRタンパク質 (AcrVAs)がCRISPR-Cas12aを阻害する構造基盤
  56. CRISPRメモ_2019/06/04 [第3項] Cas12aのDNA/RNAのcis-およびtrans-切断活性の全体像 - dsDNAへのニック誘導
  57. 2019-05-31 金コロイドナノ粒子が、Cas12a (Cpf1)-crRNAを造血幹細胞の核に届け、遺伝子治療技術を僻地に届ける
  58. CRISPRメモ_2019/05/27 [第1項] Cas12a近縁Mad7により、ゼブラフィッシュとヒト細胞株のCRISPRツールボックスを拡充
  59. CRISPRメモ_2019/05/17-1 [第2項] [レビュー] CRISPR Cpf1 (Cas12a)タンパク質の構造、機能およびゲノム編集への応用
  60. CRISPRメモ_2019/05/06 [第7項] コウジカビの効率的ゲノム編集を、Cpf1 (Cas12a) により実現
  61. 2019-04-29 Cas12bゲノム編集ツールボックス拡張
  62. CRISPRメモ_2019/04/26 [第2項] AcCas12aはTTTV以外のモチーフもPAMとして認識する
  63. CRISPRメモ_2019/04/17 - 2 [第4項] 大規模並列なCRISPR-Cpf1/Cas12a crRNAアレイ・プロファイリング法MCAP*を開発し、癌細胞の転移をドライブする遺伝子相互作用の定量的ランドスケープを得た
  64. 2019-04-11 Cas12aは標的dsDNA切断時に、ssDNAだけでなくdsDNAとssRNAもトランスに分解する
  65. 2019-04-05 微細重複症候群の病因変異はテンプレートフリーのMMEJ過程により精密修復が可能
  66. 2019-04-03 Cas12aエフェクタに対抗するanti-CRISPRタンパク質 (Acrs)の独特な阻害機構
  67. 2019-03-22 Cas12a (Cpf1)編集効率向上:ヒト細胞とゼブラフィッシュ
  68. 2019-03-19 In vivo RNA転写産物をドナーテンプレートとするCpf1(Cas12a) HDR編集によりイネの精密遺伝子置換を実現
  69. 2019-03-17 CRISPR/ddCas12aによりプログラム可能な精密遺伝子発現調節を実現
  70. CRISPRメモ_2019/03/13 [第1項] メタゲノムデータから再構築した> 200 kbpのファージゲノムに、多様なCRISPR-Casシステムが存在
  71. CRISPRメモ_2019/03/06 [第1項] Cas9とCas12a (Cpf1)はニッカーゼとしても機能する
  72. 2019-03-01 AAV-Cpf1 multiplexed KIKO (Knock-in & Knockout) CAR-T
  73. CRISPRメモ_2019/03/01 [第4項] DNAのトポロジーが、Cas12a (Cpf1)によるR-ループの形成とDNA鎖切断に与える影響; [第9項] Cpf1 (Cas12a)を介したノックアウトで、アテローム性動脈硬化症モデルラットを作出
  74. CRISPRメモ_2019/02/23 [第1項] [ニュース] 早い、上手い、安い:CRISPR診断機器への期待
  75. CRISPRメモ_2019/02/20_2 [第1項] Cpf1 (Cas12a)によるT細胞の単一遺伝子および多重遺伝子の高効率ノックアウトによる細胞療法の改良
  76. CRISPRメモ_2019/02/20_1 [第4項] [テキストブック] CRISPRシステムによる植物ゲノム編集
  77. 2019-02-06 CRISPR-Cas12aの拡張続く
  78. 2019-02-05 CasX (Cas12e)は、Cas9とCas12aに並ぶCRISPRゲノム編集プラットフォームを提供する
  79. 2019-01-23 
    Cas9とCas12aに次ぐヒトゲノム編集プラットフォームCas12b広がる
  80. CRISPRメモ_2019/01/20 [第1項] [特許] PAM改変Cpf1 (Cas12a)変異体
  81. 2019-01-16 Cas12aのdsDNA/ssDNA切断分子機序の統合モデル
  82. CRISPRメモ_2019/01/09 [第1項] [レビュー] ウイルスによるCRISPRのデリバリー
  83. CRISPRメモ_2018/12/26 - 2 [第11項] [特許] CRISPR-Cas9/Cas12a/Cpf1を介したエクソン内スプライシング促進配列削除による遺伝子の不活性化およびレスキュー
  84. 2018-12-22 合成オリゴでCas12aとSpyCas9の活性を調節する
  85. 2018-12-22 単一Cas12aによる遺伝子への変異導入と転写活性化の多重化

  86. CRISPRメモ_2018/12/07 [第1項] クラス2タイプV CRISPR-Casシステムの新たなエフェクター/サブタイプとそのDNA/RNA切断活性の同定
  87. CRISPRメモ_2018/12/02 - 2 [第5項] 新奇CRISPR-Cas12bによるヒトおよびマウスゲノム編集
  88. CRISPRメモ_2018/12/01 [第2項] クライオ電顕法とsmFRETによりFrancisella novicida Cas12a (Cpf1)の標的dsDNA切断活性と非選択的ssDNA切断の構造基盤明らかに
  89. CRISPRメモ_2018/11/27 [第1項] 液-液相分離を利用して、CRISPR技術によるDNA/RNA検出を、簡便かつ安価に; [第4項] CRISPR/Cas12aによる遺伝子タギングを施した酵母ライブラリー作出法CASTLING
  90. CRISPRメモ_2018/11/22 [第1項] CRISPR/Cas12aを利用してヒトHEK293T細胞でPCRタギングを実現
  91. CRISPRメモ_2018/11/19-2  [第8項] [レビュー] Cas9, Cas12aならびにCas13a/bを比較
  92. CRISPRメモ_2018/10/24 - 2 [第2項] 温泉由来のCandidate Phyla Radiation (CPR)に属するRoizmanbacteriaは、CasYシステムに加えてタイプI-BとIII-Aも帯びている [CasY = Cas12d]
  93. 2018-10-19 メタゲノムからssDNAをトランス切断するCas14ファミリーを発見しDETECTRへ展開 [クラス2タイプVタンパク質一覧 (Cas12aからみて進化系統樹上近い順)]
  94. 2018-10-13 抗CRISPR (Acrs)タンパク質 (Arcs)の行進が続く [Cas12 inhibitors join the anti-CRISPR family]
  95. CRISPRメモ_2018/10/10 - 1 [第7項] [レビュー] CRISPR-Cas9/Cas12aシステム
  96. CRISPRメモ_2018/09/27 [第1項] Francisella novicida Cas12aの活性は、CRISPRアレイの下流の構造の影響を受ける
  97. 2018-09-08 抗CRISPR (Acr)タンパク質:3種類のCas12a阻害タンパク質を発見
  98. 2018-09-08 抗CRISPR (Acr)タンパク質:Cas12a阻害タンパク質を含む12種類を発見
  99. CRISPRメモ_2018/09/01 [第1項] [レビュー]CRISPR-Casが遺伝子工学を先導する
  100. CRISPRメモ_2018/08/23  [第4項] [レビュー] Cas9とCas12a/Cpf1の比較
  101. CRISPRメモ_2018/08/03 [第2項] CRISPR-Cas12aがCas9よりも高精度な遺伝子編集を実現する分子機構を解明
  102. CRISPRメモ_2018/07/25 [第5項] CRISPR-Cas12エフェクター複合体のシード配列
  103. CRISPRメモ_2018/07/19 [第3項] CRISPR-Cas12a (Cpf1)のDNA標的探索とDNA切断を直接観察
  104. CRISPRメモ_2018/07/11 [第5項] トウモロコシ標的突然変異導入におけるCRISPR-Cas9とCas12aの活性と特異性を比較; [第7項] 全ゲノムシーケンシング (WGS)で、Cas9とCpf1(Cas12a)に起因するイネ・ゲノム・オフターゲット編集は極めて稀であることを確認
  105. CRISPRメモ_2018/07/07 [第4項] HOLMESv2:CRISPR-Cas12bによる核酸検出プラットフォーム
  106. CRISPRメモ_2018/07/02 [第5項] CRISPR-Cas12aの標的DNA特異性が因って来たる速度論的基礎
  107. CRISPRメモ_2018_06/30-2 [第1項] [レビュー] CRISPR技術によるシアノバクテリアの代謝工学
  108. 2018-06-21 [レビュー] クラス2CRISPR-Casシステムの分子機構と性能向上
  109. CRISPRメモ_2018/06/09 [第2項] [News]CRISPRスタートアップ企業の新しい波 (CRISPRdxの可能性)
  110. CRISPRメモ_2018/06/06-1[第3項] [プロトコル]CRISPR-Cas12aによるYersinia pestisのリコンビアニング 
  111. CRISPRメモ_2018/05/20 [第6項] [プロトコル]Francisella novicida由来Cas12a (Cpf1)のEscherichia coliでの発現と精製
  112. CRISPRメモ_2018/05/09 - 2 [第7項] [レビュー] CRISPR/Cas9, Cas12 (Cpf1)およびCas13 (C2c2)がもたらす植物バイオロジーと育種の変革
  113. CRISPRメモ_2018/05/08 - 1 [第1項] 一分子蛍光解析 (smFRET)と生化学的手法で、Cpf1 (Cas12a)と切断後の断片の振る舞いをリアルタイムで観察
  114. CRISPRメモ_2018/04/29 [第5項] CRISPR-Cas12aによる核酸検出と診断応用にHOLMES
  115. 2018/04/27 CRISPR技術による次世代診断ツール開発:「展望」とMammoth Biosciencesの登場
  116. CRISPRメモ_2018/04/21(セルフリーCRISPR Cpf1実験系を構築
  117. CRISPRメモ_2018/04/05 [第1項] CADS:CRISPR/Cas12aを利用して、DNAにコードされている情報を安全に保持し伝達するDNAステガノグラフィー(データ隠蔽技術)
  118. CRISPRメモ_2018/03/16[第3項] [Letter to the Editor]CRISPR-Cas12aは、ssDNAをcis-にもtrans-にも切断する
  119. 2018-02-23 CRISPRによる核酸検出・診断 (DETECTRとSHERLOCK)
  120. CRISPRメモ_2018/02/19(DETCTRシステム)
  121. CRISPRメモ_2017/12/29 [第4項] Cas9とCas12a(Cpf1)は、RNAに依存することなく、DNAを切断する
  122. CRISPRメモ_2017/12/11- 1 [第1項] LbCpf1は、効率的相同組換え修復(HDR)をもたらし、また、ゲノム編集の温度調節を実現する
  123. 2017-10-22 [レビュー] ゲノム編集のスイスアーミーナイフ、CPf1と C2c1

1. TERTをCRISPR/Cas9でノックアウト (KO)すると癌細胞の増殖が阻害される
[出典] CRISPR/Cas9-Mediated TERT Disruption in Cancer Cells. Wen L, Zhao C [..] Xu J. Int J Mol Sci. 2020-01-21
  • University of MichiganにATGC Incが加わった研究グループが、TERT KOが癌細胞の生存をin vitro/in vivoで阻害することを報告:TERTハプロ不全の腫瘍細胞ではテロメアが短縮され、その成長が抑制された;TERTハプロ不全の腫瘍細胞はヌードマウスへの移植が成立しなかった
2. 転写因子IRF4がヒト表皮ランゲルハンス細胞 (LC)を制御する
[出典] Genomic programming of IRF4-expressing human Langerhans cells. Sirvent S [..] Singh H, Polak ME.Nat Commun 2020-01-16.
  • University of Southampton, Cincinnati Children’s Hospital Medical Centerなどの研究グループは今回、ヒト初代LCのトランスクリプトミクスとエピゲノミクスを行い、その結果から注目した転写因子IRF4についてCRISPR-Cas9によるノックダウン実験も行い、転写因子IRF4が遊走性ランゲルハンス細胞の成熟と表皮における炎症・免疫原性応答の抑制を誘導し、恒常性の維持に貢献するとした。
3.  [プロトコル] CRISPR/Cas9により、種々の癌細胞で発現が亢進しているIL17RBを欠損させた細胞株を樹立
[出典] Generation of IL17RB Knockout Cell Lines Using CRISPR/Cas9-Based Genome Editing. Hu O, Provvido A, Zhu Y. In: Vancurova I., Zhu Y. (eds) Immune Mediators in Cancer. MIMB 2020-01-15. 

4. イントロンを帯びたepo遺伝子とCRISPR-Cas9によるプロテアーゼの阻害により、クロコウジカビでのヒト・エリスロポエチン生産を亢進
[出典] Enhancing the yield of human erythropoietin in Aspergillus niger by introns and CRISPR-Cas9. Rojas-Sánchez U, López-Calleja AC, Millán-Chiu BE, Fernández F, Loske AM, Gómez-Lim MA. Protein Expr Purif. 2020-01-15

5. ゲノムワイドCRSIPRスクリーニングにより高麗人参由来生理活性物質ジンセノサイドCompound K (CK)の標的分子を同定
[出典] Genome-scale CRISPR screening for potential targets of ginsenoside compound K. Cell Death Dis. 2020-01-20
  • 上海生物科学研究所と復旦大学の研究グループが、CKがHeLa細胞にオートファジーを介した細胞子を誘導する条件でのスクリーニングから、CKに対する耐性遺伝子候補と感受性遺伝子候補を同定し、その中で、耐性遺伝子PMAIP1と感受性遺伝子WASHK1について、その機能を確認した。

↑このページのトップヘ