1. [レビュー]CRISPR-Casが遺伝子工学を先導する
[出典] "REVIEW: CRISPR-Cas guides the future of genetic engineering" Knott GJ, Doudna JA. Science. 2018 Aug 31.
  • CRISPR-Casの分子メカニズム (adaptation - expression - interference)と多様性(クラス2 - Cas9/Cas12a/Cas13a)
  • Casゲノム編集の応用(簡明なまとめFig. 3参照):dCas9による転写調節;RNAターゲッティングCasによる転写後調節;プログラム可能な核酸可視化;核酸の検出と診断;CRISPR-Casの選択性とデリバリー
2. 小型化Cas9ライブラリーの構築と評価
[出典] "CRISPR is too fat for many therapies, so scientists are putting the genome editor on a diet" Cohen J. Science. 2018 Aug 30.
  • 8月22-25日に開催されたCold Spring Harbor Laboratory CRISPR meetingの発表からScienceのスタッフライターJon CohenがUC BerkeleyのSavage研究室の成果を紹介;Minimization by Iterative Size-Exclusion Recombination(MISER)によって、SpCas9遺伝子の一部を切り取り、SpCas9の機能を判定;標的部位に結合しないが切断しないdSpCas9に相当する変異体も含むし、〜50万種類のライブラリーを構築;切断活性を示す最小の変異体は880アミノ酸 (野生型SpCas9は1,368アミノ酸)
3. 塩基編集によるSNPの機能解析:TCF7L2遺伝子多型の場合
[出典] "Functional Analysis of Hepatic TCF7L2 Gene Polymorphism in Glucose Metabolism by Allele-Specific CRISPR/Cas 9 Gene Editing” Ye P, Huang H, Dong F, Ling Q. Transplantation. 2018 Jul 1. 
  • 研究チームは先行研究でTCF7L2遺伝子多型rs290487を帯びた肝臓移植が糖尿病を誘発することを見出していた。今回、ヒト肝癌由来PLC-PRF-5細胞株において、塩基編集(BE)によりrs290487のCをTへと置換し、遺伝型C/CとT/Tと肝臓におけるグルコース代謝との間の相関関係を明らかにした。
4. CRISPR/Casによる大型二本鎖DNAウイルスの遺伝子編集:180-190 K-bpのアフリカ豚コレラウイルス(ASFV)
[出典] "CRISPR/Cas Gene Editing of a Large DNA Virus: African Swine Fever Virus" Borca MV, Berggren KA, Ramirez-Medina E, Gladue DP. bio-portocol. 2018 Aug 20.
5. [特許]CRISPR/Cas9による抗ウイルス療法に利用するCRISPR/Cas9用の化学修飾RNAs
  • US20180230464. 公開日 08/16/2018. 発明者 Zhong, M. 権利者 Zhong, M.
  • 二成分のgRNAs(crgRNAとtracrgRNA)を非ヌクレオチドの化学リンカー(nNt-linker)で結合したgRNAをCas9とのCas9-lgRNA複合体の構築法とそのHIV感染の阻害と治療への応用
6. [特許]CRISPR/Cas9によるHIVの治療
[出典] "Methods and Compositions for rRNA-guided Treatment of HIV Infection" 
  • US20180228874US20180228875
  • 効果日 08/16/2018. 発明者 Khalili K, HU W. 権利者 Temple University.
  • HIV-1プロウイルスDNAのLTR領域の2カ所以上を標的とすることで、宿主細胞からHIV-1を排除する手法;感染者のHIV-1プロウイルスDNAシーケンシングに基づく個別化