1. ADAM17とPD1のCRISPR/Cas9ノックアウトによりNK細胞免疫療法の可能性を広げた
[出典] "A Genetically Engineered Primary Human Natural Killer Cell Platform for Cancer Immunotherapy" Pomeroy EJ [..] Moriarity BS. bioRxiv. 2018.Sep 29.
  • NK (ナチュラルキラー)細胞は、その癌細胞障害性に加えて末梢血からの分離と増幅が容易であり、また、移植片対宿主病を誘導しないことから、免疫療法への展開が期待される。しかし、NK細胞免疫療法は臨床試験では芳しい成果を示していない。この一因は、移植後のNK細胞に持続性と増幅が欠けることにある。また、腫瘍微小環境におけるNK細胞受容体レパトアとリガンド発現の改変によってNK細胞の活性が抑制されることも要因である。
  • U. Minnesotaの研究チームは、NK細胞の活性化因子であるCD16aを切断するADAM17に加えてPD-1をCRISPR/Cas9でノックアウトすることで、ヒト末梢血由来NK細胞 (peripheral blood human NK cells, PB-NKs)の活性、サイトカイン産生、および癌細胞に対する細胞障害性が顕著に亢進することを示した。CRISPR/Cas9の組換えAAV6デリバリーによる編集効率はヒト初代T細胞で報告されていた手法に匹敵する90%に達した。
2. CRISPR/Cas9システムを帯びた接合性プラスミドでコリスチン耐性遺伝子を除去し多剤耐性菌に打ち克つ
[出典] "Exploiting a conjugative CRISPR/Cas9 system to eliminate plasmid harboring mcr-1 gene from Escherichia coli" Dong H, Xiang H, Mu D, Wang D, Wang T. Int J Antimicrob Agents. 2018 Sep 26.
  • 可動性コリスチン耐性遺伝子mar-1は、多剤耐性菌に対して有効とされているポリミキシンに耐性をもたらす。吉林大学と吉林農業大学の研究チームは、mar-1を標的とするCRISPR/Cas9システムを帯び宿主依存性が無い接合性プラスミドを構築し、それによってグラム陰性病原菌に存在するコリスチン耐性遺伝子を帯びた伝播性プラスミドの除去を実現した。
3. CRISPR生物学を巡る10の謎
[出典] Comment "Open questions: CRISPR biology" Koonin EV. BMC Biology. 2018 Sep 24.
  • 投げかけられた謎は、CRISPR/Casシステム自体およびクラスとタイプの偏在とその由来、CRISPR-Cas活性と遺伝子水平伝播 (HGT)のバランス、CRISPR-Casと細胞死/休眠の関係、免疫応答以外の機能、病原性との関係、トランスポゾンやプラスミドにコードされているCRISPR-Casシステムの機能、CRISPR-Casの起源など10項目
4. [レビュー] バクテリアのタイプI およびタイプII CRISPR-Casシステムの解析と応用
[出典] Review "Characterization and Repurposing of Type I and Type II CRISPR-Cas Systems in Bacteria" Hidalgo-Cantabrana C, Goh YJ, Barrangou R. J Mol Biol. 2018 Sep 24.
  • CRISPR生物学と作用機序;CRISPRCRISPR-Casシステムの再利用(CRISPR-Casシステムのin silico解析;CRISPR-Casの活性と機能性;内在CRISPR-Casシステムの利用);バクテリアにおける応用 (内在システム;異種システム)
5. [ハイライト] 進化し続けるCRISPRバーコーディング・ツールボックス
[出典] Research Highlight "The continuously evolving CRISPR barcoding toolbox" Thomas Gaj T, Perez-Pinera P. Genome Biol. 2018 Sep 25.
6. 海洋珪藻 Phaeodactylum tricornutumへのCRISPR/Cas9プラスミドのデリバリー法を比較 - パーティクル・ガン法とバクテリアの接合を利用したデリバリー法
[出典]"Transgene-free genome editing in marine algae by bacterial conjugation – comparison with biolistic CRISPR/Cas9 transformation" Sharma AK, Nymark M, Sparstad T,  Bones AM, Winge  P. Sci Rep. 2018 Sep 26.
  • 原論文Table 1と2を引用した以下の2つの比較表参照
bacteria conjugation 1 bacteria conjugation 2
7. パーティクル・ガン法によるCRISPR/Cas9の一過性発現によって、小麦のin plantaゲノム編集を実現
[出典] "Biolistic-delivery-based transient CRISPR/Cas9 expression enables in planta genome editing in wheat" Hamada H, Liu Y, Nagira Y, Miki R, Taoka N,  Imai R. Sci Rep. 2018 Sep 26.
  • カルス培養と植物体再分化不要で外来遺伝子フリーなin plantaゲノム編集;吸水させた種子胚から露出させた茎頂分裂組織(SAM)に、TaGASR7を標的とするCRISPR/Cas9コンポーネント発現するプラスミドで被覆した金粒子をパーティクル・ガンで打ち込むin planta particle bombardment (iPB)法を開発し、植物体に成長後の第5葉における標的遺伝子の変異を解析;打ち込んだ210サンプルのうち11植物体に変異アレルがみられ、そのう3植物体の変異は次世代に継承された。
8. GWASとCRISPR/Cas9遺伝子編集で眉毛の太さの転写活性調節因子を同定
[出典]"Genome-wide association studies and CRISPR/Cas9-mediated gene editing identify regulatory variants influencing eyebrow thickness in humans" Wu S, Zhang M, Yang X [..] Zhang L, Jin L, Wang S. PLoS Genet. 2018 Sep 24.
  • 漢民族をはじめとする多人種のコホートのGWASから絞り込んだ遺伝子をCRISPR/Cas9で検証;これまでの想定と異なり、眉毛の太さに強い選択圧の影響見られず
9. [レビュー] CRISPR/Cas時代の酵母遺伝子間相互作用 (GI)のスクリーニング
[出典] Review "Yeast genetic interaction screens in the age of CRISPR/Cas" Adames NR, Gallegos JE, Peccoud J. Curr Genet. 2018 Sep 25.
  • 従来のGI解析法と、CRISPR/Casによる多重変異導入を利用したGI解析法を比較 (出典Table 1を引用した下図参照)yeast GI
10. [レビュー] ヒトiPS細胞とCRISPRゲノム編集による循環代謝病疾患の心筋細胞モデル作出
[出典] Review "CRISPR engineering cardiometabolic disease models using human iPSC" McKinney CE, Baumgarner KM. AIMS Cell and Tissue Engineering. 2018 Sep 14.
  • 心筋症、代謝疾患、チャネロパチーの患者由来iPS細胞そしてまたはCRISPRゲノム編集iPS細胞モデル;モデルの課題と展望