1. [特許] YAOプロモーターを利用したCRISPR/Cas9システムによる植物ゲノムの高効率な部位特異的改変
  • 公開日 09/27/2018;発明者 Xie Q, Yan L, Wei S, Yang W, Li H.;権利者 Institute of Genetics and Developmental Biology, CAS
2. [特許] CRISPR/Cas gRNAsライブラリー構築の手法と構成
  • 公開日 09/27/2018;発明者 Lane AB, Heald R.;権利者 The Regents of the University of California
3. [特許] エクソヌクレアーゼによりCRISPR/Casゲノム領域削除を精密化
  • 公開日 09/27/2018;発明者 Bothmer AH, Cotta-ramusino C, Barrera LA.;権利者 Editas Medicine, Inc.
  • Cas9 N863A、Cas9 H840Aなどのニッカーゼ一対で生成される3'オーバーハングをエクソヌクレアーゼで処理することで精密化
4. [特許] CRISPR-Cas9による哺乳類細胞内における味覚受容体遺伝子の活性化
  • 公開日 09/27/2018;発明者 Ümit P, Krohn M.;権利者 B.R.A.I.N.AG (Zwingenberg, DE) 
5. [プロトコル] CRISPR/Cas9遺伝子編集によるマラリア原虫Plasmodium falciparumの条件付きノックダウン変異体の作出
[出典] "CRISPR/Cas9 Gene Editing to Make Conditional Mutants of Human Malaria Parasite P. falciparum" Kudyba HM, Cobb DW, Florentin A, Krakowiak M, Muralidharan V. J Vis Exp. 2018 Sep 18 (bioRxiv. 2018-05-15)

6. [プロトコル] ゲノム編集により、ショウジョウバエの組織特異的バイナリー転写システムを生成する効率的戦略
[出典] "An Efficient Strategy for Generating Tissue-specific Binary Transcription Systems in Drosophila by Genome Editing" Du L, Zhou A, Sohr A, Roy S. J Vis Exp. 2018 Sep 19
  • 特定の細胞群や組織における細胞運命と遺伝子発現を可視化あるいは操作するバイナリー転写システムを、CRISPR/Cas9技術によりエンハンサートラップ系統を作出することで、精密化
  • CRISPR/Cas9が誘導するHDRを利用して、ショウジョウバエの標的遺伝子第1エクソンを外部からの転写活性化因子で置換し、転写活性化因子の標的遺伝子のシスエレメントが機能している細胞に特異的に転写活性化因子の活性化を誘導するシステム構築のプロトコル。
7. [レビュー] CRISPR-Cas9/Cas12aシステム
[出典] "CRISPR-Cas9/Cas12a biotechnology and application in bacteria" Yao R, Liu D, Jia X, Zheng Y, Liu W, Xiao Y. Syst Synth Biol. 2018 Oct 3.
  • CRISPR-Casの生物学 (CRISPR防衛システム;抗CRISPR-Casシステム;Cas変異体)、CRISPR-Cas9/Cas12aに基づくバイオテクノロジー (ヌクレアーゼ依存ゲノム編集;CRISPRi/a; BE;核酸検出);CRISPR-Cas9/Cas12aのバクテリア工学への応用 (大腸菌、シアノバクテリア、放線菌、乳酸菌、クロスロリジウム、コリネバクテリウム、枯草菌、病原菌)
8. [レビュー] ゲノムワイド解析とCRISPR/Casゲノム編集による組織特異的スーパーエンハンサーの同定と機能解析
[出典] "Dissecting Tissue-Specific Super-Enhancers by Integrating Genome-Wide Analyses and CRISPR/Cas9 Genome Editing" Yoo KH, Hennighausen L, Shin HY. J Mammary Gland Biol Neoplasia. 2018 Oct 6.
  • ゲノムワイド解析による乳腺特異的スーパー・エンハンサーの同定;スーパー・エンハンサー機能のin vitro解析;CRISPR/Cas9ゲノム編集による細胞型特異的調節因子のin vivo機能解析;CRIPSR/Cas9ゲノム編集による欠失パターンの偏り;CRISPR/Cas9標的結果の手法依存性;大規模欠失が遺伝型判定にもたらす誤り;ゲノム編集技術 (CRISPR-KO/i/a;Base Editing)と乳腺生物学への応用の最新動向
9. [レビュー] アーケアにおけるタイプIII-B CRISPR–Casシステムに独特の多様な分子機構
[出典] Review "Molecular mechanisms of III-B CRISPR–Cas systems in archaea" Zhang Y, Lin J, Feng M, She Q. Emerg Top Life Sci. 2018 0ct 4.
  • 転写と共役したDNA干渉;DNA/RNAのデュアル干渉;RNAの活性化を介したssDNA無差別切断;RNPがセカンドメッセンジャーとなるサイクリックオリゴアデニル酸(cOA)を合成しCasm6とCsx1を活性化など。
  • 関連crisp_bio記事:CRISRP_2018/07/31 3. タイプIII CRISPRのセカンドメッセンジャーを介したウイルスRNAの非選択分解のオフ・スイッチを同定