1. Cas9はヒト単球に炎症性免疫応答を誘起するが、STING-STAT6パスウエア阻害によって、回避可能
[出典] "The STING-STAT6 pathway drives Cas9-induced host response in human monocytes" Kang R, Zhu S, Zeh H, Tang D. Biochem Biophys Res Commun. 2018 Oct 20.
  • Cas9タンパク質は、初代ヒト末梢血単核細胞とヒト単球細胞株 (THP1)において、MIP3α、CD40LおよびMPOの放出を介して炎症性免疫応答を誘起する。
  • STING-STAT6パスウエイの阻害によって、Cas9に誘導される炎症性メディエータの放出が抑制される。
2. CRISPR/Cas9とssODNに拠るHDR過程がゼブラフィッシュに誘導する変異パターンを分析
[出典] "CRISPR/Cas9-mediated homology-directed repair by ssODNs in zebrafish induces complex mutational patterns resulting from genomic integration of repair-template fragments" Boel A, De Saffel H, Steyaert W, Callewaert B, De Paepe A, Coucke PJ, Willaert A. Dis Model Mech. 2018 Oct 18.
  • 次世代シーケンシング(NGS)により、表題過程の効率と精度を評価;HDR編集効率は、修復テンプレートのssODNの組成に強く依存し、相同アームの長さに依存;標的遺伝子の精密編集が可能であるが、Cas9切断領域にテンプレートの断片挿入が発生した。臨床応用に向けての注意が必要
3. 効率的CRISPR/Cas9ヌクレオチド編集によるヒト遺伝性心血管疾患のゼブラフィッシュ・モデル作出
[出典] "Effective CRISPR/Cas9-based nucleotide editing in zebrafish to model human genetic cardiovascular disorders" Tessadori F, Roessler HI, Savelberg SMC, Chocron S, Kamel SM, Duran KJ, van Haelst MM, van Haaften G, Bakkers J. Dis Model Mech. 2018 Oct 18.
  • 点変異を始めとする小規模なヌクレオチド置換に拠るより精密なヒト疾患ゼブラフィッシュ・モデルの作出;ヒト心血管疾患の病因となるミスセンス変異を、CRISPR/Cas9と短いオリゴヌクレオチド・テンプレートで導入し、Cantú症候群モデルなど作出
4. [展望] Broad InstのCRISPR特許成立とした米国連邦控訴裁判所の裁定が意味すること
[出典] "The CRISPR-Cas9 Patent Appeal: Where Do We Go From Here?" Sherkow JS.
The CRISPR Journal. 2018 Oct 23.
  • New York Law Schoolなど所属でCRISPR特許について初期から発言してきたJ. S. Shekowの論考:カルフォルニア大学 (UC)はどこに向かうのか?;未だ審査中のUCが出願した特許の扱いは?;UCとBroad研の間の交渉は?;CIRPR技術を利用する科学者と企業での研究開発者への影響は?
  • 関連crisp_bio記事:2018-09- 11 CRISPR特許係争:米国連邦控訴裁判所UCの異議申し立て却下しBroad特許支持
5. CRISPR技術を利用したアートの萌芽
[First Cut] "CRISPR Gene Editing Meets the Art World" Medina AM.The CRISPR Journal 2018 Oct 17