1. マウス胚において、sgRNAと3塩基ミスマッチのサイトで、高頻度なオフターゲット編集が発生
  • [出典] "CRISPR/Cas9 can mediate high-efficiency off-target mutations in mice in vivo" Aryal NK, Wasylishen AR,  Lozano G. Cell Death & Diseases 2018 Oct 27.
  • Dicer1を標的とするsgRNA, spCas9 mRNAおよび123塩基のssDNAドナーを、200受精卵に導入し、得られた38匹について、オンターゲットとhttp://crispr.mit.edu/による推定オフターゲット部位の1 Kbp領域の配列を解析し、シード領域外でミスマッチが3塩基以下のオフターゲット編集に注意が必要とする結果を提示
  • オンターゲットにて、NHEJによる変異15匹、HDRによる置換2匹;3塩基ミスマッチのオフターゲット (PAMから1, 4および8塩基の位置)への変異誘導11匹 (3匹オンターゲット野生型のまま);4塩基ミスマッチのオフターゲット (PAMから1, 2, 5および8塩基の位置)変異誘導は無し
2. 核酸二重鎖エネルギーからCRISPR-Cas9のオフターゲット編集を評価
[出典] "CRISPR-Cas9 off-targeting assessment with nucleic acid duplex energy parameters" Alkan F, Wenzel A, Anthon C, Havgaard JH, Gorodkin J. Genome Biol. 2018 Oct 26;19(1):177
  • RNA-RNA、DNA-RNAおよびRNA-DNAの二重鎖のエネルギー変数をもとにしたCas9-gRNA-DNA複合体の結合エネルギーモデルに基づいてオフターゲット結合・編集を予測する2種類の手法を開発 (原論文Fig. 1から引用した下図参照):gRNAのオフターゲット・スコアを計算するCRISPRoffとgRNAの特異度を計算するCIRSPRspec
NA duplex energy parameter
3. [データベース] PGED: 植物ゲノム編集データベースへの登録呼びかけ
[出典] "Plant Genome Editing Database (PGED)" http://plantcrispr.org/
  • 米国NSF支援プロジェクト
4. [特許] ERS Genomics, Charpentier/DoudnaのCRISPR/Cas9の第二の米国特許が成立したと発表
[出典] "U.S. Patent office grants second Charpentier/Doudna patent covering CRISPR/Cas9 gene editing" ERS Genomics News. 2018 Oct 30.
  • ERS Genomicsは、「ヒトと動物の細胞を含むあらゆる環境における一重/二重gRNAsの組成を対象とする特許であり、Broad研とUCとの間の特許係争の対象外の特許」としている。
  • 関連crisp_bio記事: CRISPRメモ_2018/08/10 2. CRISPR特許:カリフォルニア大学として初の特許成立
5. [特許] 膨大かつ多様な配列から解析対象とすべき配列抽出を可能とするCRISPR/Casシステム
[出典] US2018/0298421"Compositions and methods for targeted depletion, enrichment, and partitioning of nucleic acids using CRISPR/Cas system proteins"  
  • 公開日:2018-10-18
  • 発明者 : Carpenter ML, Bustamante CD, Hills E. Gourguechon SB.
  • 権利者: Arc Bio LLC
  • ヒト臨床サンプルや高精度そしてまたは高感度なメタゲノムの効率的解析に有用
6. [特許] CRISPR/Casによる相同組み換え修復 (HDR)を介したゲノム編集効率の向上法
  • 発明者:Cotta-Ramusino C.
  • 権利者:EDITAS MEDICINE Inc
  • 公開日:2018-10-18
  • ヒト細胞および動植物・微生物細胞に適用可能