crisp_bio注:2018-12-04にScience記事へのリンク、AIDS/HIV研究者からの批判、CRISPR遺伝子編集によるHIV療法関連動物実験記事リンク追記
  • Gaetan Burgioツイートまとめ:賀建奎の第2回ヒトゲノム編集国際サミットでの講演Web castキャプチャー画面をコメント付きで連続ツイート
  • Science 2018-11-30:Shock greets claim of CRISPR-edited babies - Apparent germline engineering by Chinese researcher prompts outrage and investigations. Normal D.
  • Nature. 2018-11-30:First CRISPR babies: six questions that remain - Startling human-genome editing claim leaves many open questions, from He Jiankui's next move to the future of the field.
  • CRISPRゲノム編集の研究・応用を先導するFeng Zhang、Jennifer Doudna、David Liuや、NIH所長のFrancis Collinsらが一斉に批判する中、Weibo (微博)  2018-11-26 上で100名以上の中国科学者が批判を声明微博
「HIV感染・発症を予防するため」に対するAIDS/HIV研究者からの批判
  • [出典] "Researchers Slam 'Stupendously Unethical' CRISPR Germline Genome Editing Experiments"の"Unkowable Complication"の段落. Rizk C. GenomeWeb 2018-11-29
  • そもそも、HIV感染から胚を守る手法は確立されており、HIV発症を制御可能になっていることから、HIV治療の観点から"an unmet medical need"に相当しない。今回、HIV陽性とされる父のウイルス量は6ヶ月検出限界以下であったと報告され、さらに、精子を洗浄していることから、今回の行為はその目的自体が無意味である。
  • また、CCR欠損が将来他の感染症や疾患に対する脆弱性をもたらすリスクを高めることから、CCR5遺伝子欠損は無謀な行為である。
  • CRISPR遺伝子治療によるHIV療法関連動物実験例 CRISPRメモ_2018/06/23 - 5. CRISPRにより、ヒト化マウスに移植した患者由来血液からHIV DNAを除去 (注: ヒト胚ゲノム編集ではない)
crisp_bio注:以下はツイートからの引用 2018/11/30


第三者のデータ検証が告げる事