1. CRISPR-tagによる非反復配列遺伝子の生細胞内可視化
[出典] "Efficient labeling and imaging of protein-coding genes in living cells using CRISPR-Tag" Chen B, Zou W, Xu H, Liang Y,  Huang B. Nat Commun. 2018-11-29.
  • 非反復配列遺伝子の可視化ツールがこれまで存在せず、非反復配列遺伝子の時空間的振る舞いと機能の相関解明が進んでいなかった。浙江大学医学院の研究チームは今回、可視化対象のタンパク質コーディング遺伝子1つを1~4のsgRNAsで同時に標的可能とするCRISPR-Tag法を開発し、S/N比を上げ、生細胞において非反復配列遺伝子の動態を広域蛍光顕微鏡で観察可能とした。原論文Fig. 1から引用した下図 a, b にあるように、線虫ゲノム由来配列および合成配列の7種類のsgRNAs (sgTS1-sgTS7)を用意し、CRISPR-Tag_v1として、4種類の配列TS1-TS4を1セットとする6回繰り返しGolden Gate法で構築し評価した。CRISPR-Tag
    また、TS5/TSg6/TS7のセットの4回または6回繰り返しからなるCRISPR-Tag_v2も検証した。
  • 繰り返し配列の間には25-bpのユニークなスペーサ配列を挿入しておき、PCRまたはDNAシーケングによるクローニングやノックイン実験におけるCRISPR-Tag配列の評価に利用した。
  • CRISPR-Tagは、標的遺伝子の3’UTRまたはイントロンにCRISPR技術によりノックインし、蛍光タンパク質を多コピー融合したdCas9により可視化した。
  • CRISPR-Tagの性能を、ヒストンH2BをコードするヒトHIST2H2BE遺伝子、LMNA遺伝子およびHSPA8遺伝子の可視化で実証した。
2. マラリア原虫Plasmodium yoeliumにおけるリボザイムを介した多重CRISPR遺伝子編集とCRISPRi
[出典] "Ribozyme-Mediated, Multiplex CRISPR Gene Editing and CRISPRi in Plasmodium yoelii" Walker MP,  Lindner SE. bioRxiv. 2018-11-29.
  • ペンシルベニア大学の研究チームは今回、ハンマーヘッドリボザイムとヒトデルタ型肝炎ウイルス (HDV)リボザイムのセットでsgRNAを発現させるRibozyme-Guide-Ribozyme (RGR) sgRNAを離京することで、Cas9およびdCas9によるP. yoeliumの遺伝子編集を実現
3. [解説]CRISPR/Cas9による植物ゲノム編集と代謝工学
[出典] "CRISPR/Cas9-Mediated Gene Editing Tool and Fathomless Genetic and Metabolic Engineering Applications in Plants" Alok A, Kumar J, Jogam P, Sandhya D. In: Yadav S., Kumar V., Singh S. (eds) Recent Trends and Techniques in Plant Metabolic Engineering. 2018-11-24.

4. [解説]マメ科植物の機能ゲノミクスと改良に有用なゲノム工学ツール
[出典] "Genome Engineering Tools for Functional Genomics and Crop Improvement in Legumes" Khandelwal R, Jain M. In: Wani S., Jain M. (eds) Pulse Improvement. 2018-11-24.
  • ZFN、TALEN、およびCRISPR/Cas9によるゲノム編集技術の事例