1. ヒトiPSCsの効率的な'スカーレス'ゲノム編集法
[出典] "Efficient scarless genome editing in human pluripotent stem cells" Ikeda K [..] Porteus MH.  Nat Methods. 2018-11-30.
  • CRISPR/Cas9が誘導する相同組み換え修復 (HDR)を介して、選択マーカの痕跡とサイレント変異を残さない'スカーレス'ゲノム編集を実現するには、目的とする遺伝子編集が発生したアレルにヌクレアーゼの再切断によってindelsが誘発される現象を排除する必要がある。スタンフォード大学の研究チームは今回、これまでの'スカーレス'ゲノム編集よりも効率と汎用性が高いゲノム編集手法を開発した。
  • 本手法は、CRISPR/Cas9によるHDR、変異導入用テンプレートと、UBCプロモーター/mCherry/T2A/tCD19やUbCプロモーター/EGFP/T2A/tCD8のカセット導入によるMagnetic cell sorting (MACS)を利用した細胞集団の正の選択と負の選択を組み合わせる手法であり(原論文Fig. 1参照)、hESCsへの点変異導入やhiPSCsへのレポータ配列導入で実証した。
2. クライオ電顕法とsmFRETによりFrancisella novicida Cas12a (Cpf1)の標的dsDNA切断活性と非選択的ssDNA切断の構造基盤明らかに
[出典] "Conformational Activation Promotes CRISPR-Cas12a Catalysis and Resetting of the Endonuclease Activity." Stella S,  Mesa P [..] Hatzakis NS, Montoya G. Cell. 2018-11-29.
 [構造データ (2018/12/01時点未公開]EMD-0061/PDB 6GTC;EMD-0062/PDB 6GTD;EMD-0063/PDB 6GTE ;EMD-0065/PDB 6GTG;EMD-0064/PDB 6GTF

3. CRISPR-PALM (光活性化局在性顕微鏡法):内在遺伝子発現の定量化に使える一分子可視化を目指して
[出典] "Optimised CRISPR-Cas9 mediated single molecule imaging for accurate quantification through endogenous expression" Khan AO [..] Thomas SG, Morgan NV. bioRxiv. 2018-11-30.
  • CRISPR-PALM (Photo Activated Localisation Microscopy)  ;コドン最適化し単量体性 (monomericity)を向上させたmEos3.2変異体を利用することで、CRISPR/Cas9ノックインにおけるその他の要件 (gRNA、相同アームあるいはセレクション戦略)の如何によらず標識した遺伝子の発現が向上することをTubA1B遺伝子座にて確認し、GPCRの一種であるCXCR4のリガンド結合依存の変化を、CXCR4過剰発現実験よりも精密に解析可能なことを実証した。
4. CRISPR/Cas9ゲノム編集による統合失調症モデルマウス作出
[出典] "Behavioral changes and growth deficits in a CRISPR engineered mouse model of the schizophrenia-associated 3q29 deletion" Rutkowski TP [..] Weinshenker D, Caspary T, Mulle JD. bioRxiv. 2018-11-28.
  • C57BL/6マウスの第6染色体において、その欠損がヒト統合失調症に相関する3q29とシンテニーな領域に、ヘテロ型欠欠損を導入することで、行動と成長の不全を呈する疾患モデルを作出
5. Cas-ONスイッチ:抗CRISPRタンパク質 (Acr)にマイクロRNA (miRNA)を組み合わせて、CRISPR/Cas9の細胞型特異的活性化を制御
[出典] "Cell-specific CRISPR/Cas9 activation by microRNA-dependent expression of anti-CRISPR proteins" Hoffmann MD [..] Grimm D,  Niopek D. bioRxiv. 2018-11-27.
  • 外来Acr遺伝子の3'UTRに肝細胞と筋細胞にそれぞれ豊富なmiR-122またはmiR1を挿入することで、AcrのノックダウンひいてはCas9の活性化を、肝細胞または筋細胞に選択的に実現;miRNA依存性AcrIIA4と、SpyCas9の野生型、split-Cas9, dCas9-VP64との組み合わせで実証;SpyCas9より小型で標的特異性が高いNmeCas9とAcrIIC1ならびにAcrIIC3の組み合わせでも有効
6. 節足動物カメムシ目の生殖細胞系列遺伝子編集による柑橘類とブドウの保護
[出典] "BAPC-assisted CRISPR/Cas9 System: Targeted Delivery into Adult Ovaries for Heritable Germline Gene Editing (Arthropoda: Hemiptera)" Hunter WB, Gonzalez MT, Tomich J. bioRxiv. 2018-11-27.
  • カメムシ目の一種であるミカンキジラミは柑橘類に対する病原バクテリアを媒介する。RNAiやCRISPR/Cas9の技術を利用して媒介昆虫のゲノムを操作するにあたって、受精卵へのマイクロインジェクションは、受精卵をほぼ死滅させるため、遺伝子編集コンストラクトの送達に利用できない。カンサス州立大学の研究チームは今回、てCRISPR/Cas9システムを新たに開発されたペプチドをベースにしたナノカプセルであるBranched Amphiphilic Peptide Capsules(BAPC)を利用し若虫または成虫の卵巣近傍に注入することで、カメムシ目において、継代されていく遺伝子編集を実現した。
7. ミツバチに寄生するトリパノソーマ原虫、Lotmaria passim、のCRISPR/Cas9 HDRによる遺伝子ノックアウトを実現
[出典] "Gene knock out of honey bee trypanosomatid parasite, Lotmaria passim, by CRISPR/Cas9 system" Liu Q, Kadowaki T. bioRxiv. 2018-11-25.

8. CRISPR-TSKO:組織特異的なプロモーターを利用してシロイヌナズナの細胞型、組織または器官に特異的な変異誘発を実現
[出典] "CRISPR-TSKO facilitates efficient cell type-, tissue-, or organ-specific mutagenesis in Arabidopsis" Decaestecker W, Buono RA [..] Nowack MK, Jacobs TB. bioRxiv. 2018-11-20.
2019-06-12改訂 > "CRISPR-TSKO: A Technique for Efficient Mutagenesis in Specific Cell Types, Tissues, or Organs in Arabidopsis. Plant Cell. 2019-12-10.
 CRISPR-TSKOは、CRISPR-based tissue-specific knock-outに由来する。