1. [特許] PAM改変Cpf1 (Cas12a)変異体
[出典] "Variants of CPF1 (CAS12a) With Altered PAM Specificity" US20190010481A1
  • 公開日 2019-01-10. 発明者 Joung KJ, Kleinstiver B, Sousa A. 権利者 General Hospital Corporation.
  • 標的可能領域を広げ、オンターゲット活性を高めたAcidaminococcus sp. BV3L6由来およびLachnospiraceae bacterium ND2006由来のCpf1 (CRISPR from Prevotella and Francisella 1) [AsCpf1とLbCpf1]と、そのゲノム工学、エピゲノム 工学、塩基編集 (BE)、ゲノムターゲティング、ゲノム編集およびin vitro診断への利用
  • 関連crisp_bio記事:CRISPR関連文献メモ_2016/07/03 の第2項  [論文] ヒト細胞におけるCRISPR/Cas Cpf1ゲノム編集の特異性 (2) 
2. [レビュー] CRISPR/Casシステムが実現する次世代バイオセンシング
[出典] REVIEW "CRISPR/Cas Systems towards Next-Generation Biosensing" Li Y, Li S, Wang J, Liu G. Trends Biotechnol. 2019-01-14
  • Cas9のdsDNA切断に加えて、Cas13aによるRNA切断やCas12によるssDNA切断を利用した核酸検出システムは、病原体の検知とジェノタイピング、癌特異的変異の検出およびSNPの同定に有用である。また、このシステムは高精度、高速、低コスト、多重化可能、であり、専門技師や高価で複雑な装置を必要としないポイント・オブ・ケア(POC)を実現する。
  • レビューが提供する簡明な図表リスト:2013年のCRISPR/Cas9遺伝子編集システム提案から2018年のHOLMESv2 (CRISPRメモ_2018/07/07の項目4参照)に至るバイオセンシングシステム  (以下、BS-sys)開発の推移;Cas9/Cas13/Cas12 BS-sysの12項目にわたる比較表;Cas9による切断/dCas9による結合に基づくBS-sys解説図;Cas13 BS-sys解説図;Cas12 BS-sys解説図;3タイプのBS-sysの感度、特異性、多重化などの性能8項目の比較表
関連crisp_bio記事
3. CRISPR/Cas9 KOによるヒトES細胞における必須遺伝子の機能解析を可能にする遺伝子レキュー導入法
[出典] "Combining CRISPR/Cas9-mediated knockout with genetic complementation for in-depth mechanistic studies in human ES cell" Wang Z,  Zhang Y, Lee YW, Ivanova NB. BioTechniques. 2019-01-15.
  • Yale Uの研究チームが、表題手法をTALENを介してドキシサイクリンで発現誘導が可能なレスキュー遺伝子をAAVS1セーフ・ハーバにノックインしておくことで実現
4. [展望] 低分子と光によるCRISPR-Cas9の活性化、抑制および分解を介した精密ゲノム編集
[出典] PERSPECTIVE "Precision control of CRISPR-Cas9 using small molecules and light" 
Gangopadhyay SA, Cox K, Manna D, Lim D, Maji B, Zhou Q, Choudhary A. Biochemistry. 2019-01-14.

5. Crisflash: 任意のゲノム配列に対するsgRNAの設計とオフターゲット予測を可能にした高速コマンドラインツール
[出典] "Crisflash: Open-source software to generate CRISPR guide RNAs against genomes annotated with individual variation" Jacquin AL, Odom DT, Lukk M. Bioinformatics. 2019-01-12.
6. クルーズトリパノソーマの 無鞭毛期におけるCRISPR/Cas9遺伝子ノックアウトを可能とする宿主細胞外で増殖可能な無菌無鞭毛型培養系を確立・実証
[出典] "Utilization of proliferable extracellular amastigotes for transient gene expression, drug sensitivity assay, and CRISPR/Cas9-mediated gene knockout in Trypanosoma cruzi" PLoS Negl Trop Dis. 2019-01-14

7. CRISPRとCRISPRiの組み合わせによるE. coliのゲノム工学と代謝工学
[出典] "Combining Orthogonal CRISPR and CRISPRi Systems for Genome Engineering and Metabolic Pathway Modulation in E. coli" Sung LY [..] Chang YH, Hu YC. Biotechnol Bioeng. 2019-01-13.
  • 国立清華大学をはじめとする台湾の研究グループの成果:SaCas9とStreptococcus thermophilius CRISPR1 (St1Cas9)は、SpCas9と直交する遺伝子編集ツールとして利用可能であり、10 kbまでの長さの外来DNAノックインを実現 (SaCas9よりもSt1Cas9が高効率);St1Cas9によって、不活性化SpCas9 (SpdCas9)に基づくCRISPRiモジュールのノックインを実現;St1Cas9とSpdCas9 CRISPRiを組み合わせることで、乳酸、ギ酸、エタノールの生成を阻害し、コハク酸収量増を実現