1. Cpf1 (Cas12a)によるT細胞の単一遺伝子および多重遺伝子の高効率ノックアウトによる細胞療法の改良
[出典] POSTER P257 "Highly Efficient Single and Multi-gene Knockout with CRISPR-Cpf1 in T Cells for the Development of Improved Cell Therapies" Zuris JA [..] Fernandez, CA (Editas Medicine)  ESGCT – SFTCG – ISSCR Congress (Lausanne) Poster Session. 2018-10-17.
  • AsCpf1 RNPの構成要素(NLS)とエレクトロポレーションを最適化することで、細胞生存性を損なうことなく1遺伝子、2遺伝子および3遺伝子のノックアウトを、それぞれ >95%、80-90%、>80%の効率で実現;オフターゲット編集はGUIDE-seq、Digenome-seqおよびAmp-seqでは非検出
2. [ビューポント] Cas14:小さいCRISPRタンパク質がゲノム編集に、大きく貢献する
[出典] VIEWPOINT "Cas14: Big Advances from Small CRISPR Proteins" Savage DF. Biochemistry. 2019-02-11.
  • Cas14の特徴;サイズ 300-700 a.a; PAM不要、ssDNAに結合・切断
  • 関連crisp_bio記事:2018-10-19 メタゲノムからssDNAをトランス切断するCas14ファミリーを発見しDETECTRへ展開
3. [コメンタリー] CRISPR/Cas9によるCAR T細胞免疫療法の課題解決
[出典] COMMENTARY "CRISPR/Cas9-based genome editing in the Era of CAR T cell immunotherapy" Salas-Mckee J [..] Fraietta JA (U Pennsylvania). Hum Vaccin Immunother. 2019-02-08.
  • CD19を標的とするCAR-T細胞療法は強力であるが、適用可能な患者が限定される。その要因と解決法を注解。
4. [プロトコル] 任意の内在CRISPRアレイにおけるスペーサ獲得を高感度で検出するCAPTURE法
[出典] PROTOCOL "Using CAPTURE to detect spacer acquisition in native CRISPR arrays" McKenzie RE, Almendros C, Vink JNA, Brouns SJJ. Nat Protoc. 2019-02-11.
  • CRISPR-Casシステムにおけるスペーサ獲得は稀な事象である。Delft University of TechnologyとWageningen Universityのオランダ研究チームが開発したCAPTUREは”CRISPR adaptation PCR technique using reamplification and electrophoresis"に由来するシステム名であり、10の5乗の細胞集団における1細胞におけるスペーサ獲得の検出を1日で可能にする。
  • CAPTUREの原論文はcrisp_bio記事から:2018-03-28 Cas4がCRISPR-Casシステムの獲得免疫応答に貢献する機構が明らかに
5. CRISPRシステムとバクテリオファージの進化
[出典] "CRISPR evolution and bacteriophage persistence in the context of population bottlenecks" Common J, Westra ER (U Exteter, UK). RNA Biol. 2019-02-05.
  • 集団遺伝学におけるボトルネック効果は、宿主微生物に有利に働く