[出典] "Casilio-ME: Enhanced CRISPR-based DNA demethylation by RNA-guided coupling methylcytosine oxidation and DNA repair pathways" Taghbalout A [..] Cheng AW. bioRxiv 2019-05-19. >> Nat Commun. 2019 Sep 20;10(1):4296
  • The Jackson Laboratory for Genomic Medicine (JAX)とUniversity of Connecticut Healthの研究グループは今回、A W Cheng (JAX)らが先行研究*で開発したCasilio法に基づいて、DNA脱メチル化を亢進するCasilio-DNA Methylation Editing (Casilio-ME)プラットフォームを開発した (*先行研究:CRISPR関連文献メモ_2016/01/21 Casilio法:dCas9に基づくゲノム・エピゲノム編集と染色体標識;addgene Webサイト"Cheng Lab CRISPR Casilio Plasmids")。
  • 遺伝子発現を抑制する5-メチルシトシン (5mC)の脱メチル化は、TET (Ten-eleven translocation)を介して5mCが、5-ヒドロキシメチルシトシン (5-hmC)、5-フォルミルシトシン (5-fC) そして5-カルボキシルシトシン (5-caC)へと酸化され、5-fCと5caCから塩基除去修復 (BER)を経て実現する。Casilio-MEとして、TET1単独 (CasilioME1)、TET1GADD45A (Casilio-ME2) 、および、TET1NEIL2 (Casilio-ME3)の3種類を構築し、TET1とDNA修復機構に寄与するタンパク質を同時に送達することで、標的CpGアイランドにおける5mCの脱メチル化と遺伝子発現活性化の亢進を実現した。
  • 他のシステムとの比較 (原論文Fig.1- dから引用)Casilio-ME1
 dCas9-Tet1の利用関連crisp_bio記事