[出典] "PAM recognition by miniature CRISPR-Cas14 triggers programmable double-stranded DNA cleavage" Karvelis T [..] Siksnys V. bioRixv 2019-05-30
  • CRISPR-Casシステムはクラス1とクラス2に分類され、クラス2はII、V、およびVIのタイプに分類され、タイプⅡのエフェクタCas9とタイプVのエフェクタCas12は、侵入dsDNA、ssDNAおよびssRNAを切断する。Cas9もCas12もdsDNA切断は、gRNAの標的DNA配列の近位にPAM配列が存在することを前提とする。Cas9とCas12は、安定したゲノム編集とトランスクリプトーム操作のツールとして利用されてきたが、サイズが大きいことが臨床を含む分野への展開に限界をもたらしている。
  • 2018年にJ. A. Doudnaらがメタゲノムから発見した新たなクラス2タイプVに分類されたCas14ファミリーは、~400-700 aaと小型であったが、crRNAの標的DNAに結合後、PAMに依存することなく細胞内の全てのssDNAを切断するssDNAヌクレアーゼとされていた (*)
  • Vilnius UniversityとCorteva Agriscience™ Agriculture Division of DowDuPont™の研究グループは今回、生化学実験から、Cas14a1 (539 aa)とCas14b5が、TリッチなPAM配列 (それぞれ、TTTRとTTAT)を認識して、dsDNAを切断し付着末端を残すことを見出した。以下、Cas14a1について実験を進めた。
  • CAS14A1が、dsDNA切断がPAMに依存しないssDNA切断を誘導することを見出した。
  • さらに、HEK293細胞にNLSタグを付したCas14a1とsgRNA RNP複合体を送達することで、標的としたVEGF2または3遺伝子座の5'TTTR PAM隣接サイトを切断しindelsを誘導することを見出した。ただし、indels誘導率は0.06 ~ 0.10%に止まった (Fig. S8参照 - Supplemental Materials)
 Cas14関連crisp_bio記事
  • CRISPRメモ_2019/04/29 [第4項目] 植物ssDNAウイルスを標的とするCRISPR-Cas14a
  • (*) 2018-10-19 メタゲノムからssDNAをトランス切断するCas14ファミリーを発見しDETECTRへ展開