1. CDetection: CRISPR-Cas12bによりDNAをサブアトモル濃度の感度かつ一塩基の特異度で検出するツールを開発
[出典] "CDetection: CRISPR-Cas12b-based DNA detection with sub-attomolar sensitivity and single-base specificity" Teng F, Guo L [..] Zhou Q, Li W. Genome Biology 2019-07-01.
  • これまでに、CRISPR-Casシステムを利用する高感度な核酸検出・診断システムとしてこれまでに、Cas12aに基づくdsDNA検出法DETECTRとそのCas14aバージョンによるssDNA検出、およびCas13aに基づくssRNA/dsDNA検出法SHERLCOCKが開発されてきた。
  • 中国科学院動物研究所の研究グループは今回、著者らが先行研究でヒトとマウスのゲノム編集活性を解析したAlicyclobacillus acidiphilus由来Cas13b (AaCas12b) *に基づいて、スペーサ配列と1塩基ミスマッチを帯びたtuned guide RNA (tgRNA)(PNAS, 2018)を組み合わせることで、高感度かつ高精度なdsDNA検出法CDetectionを開発した。
 関連crisp_bio記事
2. CRISPR-Cas9によるヒトiPSCsへのレット症候群の原因遺伝子変異の導入と修復
[出典] "Efficient and Precise CRISPR/Cas9-Mediated MECP2 Modifications in Human-Induced Pluripotent Stem Cells" Thi Thanh Huong L [..] Chu VT. Front Genet 2019-07-02
  • レット症候群患者のほとんどが、Xq28に連鎖するメチル化CpG結合タンパク質2 (methyl-CpG binding protein 2: MECP2)のヘテロ型変異を帯びている。Vinmec Research Institute of Stem Cell and Gene Technology (Hanoi)とMax-Delbrück-Center for Molecular Medicineの研究グループは今回、ヒトCRISPR/Cas9と相同組み換え (HR)によるMECP2遺伝子の第4エクソンにおける病因変異R270Xのノックインと修復を実現した。編集効率は20~30%であった (原論文Figure 4引用下図参照)。MECP2
3. CBE (C-to-T)によるブタの多重遺伝子/遺伝子座の塩基編集
[出典] "Efficient base editing for multiple genes and loci in pigs using base editors" Xie J, Ge W, Li N, Liu Q [..] Wang K, Lai L. Nat Commun 2019-06-28
  • South China Institute for Stem Cell Biology and Regenerative Medicineの研究グループが、BE3 (rAPOBEC1-XTEN-nCas9-UGI) とhA3A-BE3 (hAPOBEC3A-XTEN-nCas9-UGI)により、ブタの胚と体細胞においてDMD, TYR, およびLMNAのセットと、RAG1, RAG2およびIL2RGのセットを含む、一重、二重および三重の塩基置換  (C-to-T)を実現した (CBEの結果をまとめた原論文Fig.1とFig. 2を、下図左右に引用)
pig 1 pig 2