1. CRISPR/Cas9による炭疽菌とセレウス菌の高効率なゲノム編集
[出典] "Highly Efficient Genome Engineering in Bacillus anthracis and Bacillus cereus using the CRISPR/Cas9 System" Wang D, Liu CC, Liu X, Wang H, Wang Y. Front Microbiol. Accepted 2019-08-06.
 中国軍事医学科学アカデミーState Key Laboratory of Pathogen and Biosecurityの研究チームの報告:B. anthracisの2種類のプロファージのゲノム大規模削除を100%と20%の効率で実現;セレウス菌の多機能調節因子plcRに点変異を導入することで溶血性活性とホスホリパーゼ活性を失活;CRISPR/Cas9によるマーカー・フリーの炭疽菌生ワクチン作出安全なB. cereus組換えを示唆

2.  ヒト病原菌C. difficileゲノムを内在I-B型CRISPR/Casシステムで編集
[出典] "Using endogenous CRISPR-Cas system for genome editing in the human pathogen Clostridium difficile" Maikova A, Kreis V, Boutserin A, Severinov K, Soutourina O. Appl Environ Microbiol. 2019-08-09
 C. difficileの脅威が近年高まっている。Skolkovo Institute of Science and TechnologyとUniversité Paris-Saclayの研究チームが、標的をC. difficileに感染するファージやMGEから自己免疫に向けることで、内在I-B型CRISPR/CasによるC. difficileのゲノム編集を可能にした。

Clostridium difficile
関連crisp_bio記事
  • CRISPRメモ_2018/06/11-1 [第1項] Cpf1を介した多重ゲノム編集により、院内下痢症の主因病原菌であるディフィシル菌 (C. difficile)の発症機序と生理作用を解明
  • CRISPR関連文献メモ_2016/09/07 [第4項] Clostridium difficile(デフィシル菌)におけるCRISPRの多様性と小進化
3. CRISPR-Cas9 CD133ノックアウトが、上皮-間葉転換の抑制を介して、大腸癌浸潤を阻害する
[出典] "CRISPR-Cas9 mediated CD133 knockout inhibits colon cancer invasion through reduced epithelial-mesenchymal transition" Li W, Cho MY, Lee S, Jang M, Park J, Park R. PLoS One. 2019-08-08.
 延世大学校の研究グループは先行研究でCD133を癌幹細胞マーカと報告していたが今回、CD133ノックアウト細胞をCRISPR-Cas9で作出し、CD133陽性細胞に比べて、細胞増殖とコロニー形成が抑制されることを見出した。また、腫瘍原性は残っている一方で、細胞の遊走と浸潤は顕著に阻害された。また、上皮-間葉転換のマーカであるビメンチンの発現が失われていた。

4. [レビュー] 神経筋障害のCRISPR療法:遺伝子編集とその先
[出典] REVIEW "CRISPR for Neuromuscular Disorders: Gene Editing and Beyond" Young CS, Pyle AD, Spencer MJ (UCLA). Physiology (Bethesda). 2019-08-07.

5. CRISPR/Cas9による原発性高シュウ酸尿症Ⅰ型 (PH1)患者由来iPS細胞への修復遺伝子ノックイン
[出典] "Targeted gene therapy in human-induced pluripotent stem cells from a patient with primary hyperoxaluria type 1 using CRISPR/Cas9 technology" Estève J, Blouin JM [..] Richard E. Biochem Biophys Res Commun. 2019-08-08.
 PH1は肝臓のペルオキシソームに存在するアラニン:グリオキシル酸トランスアミナーゼ(alanine:glyoxylate aminotransferase: AGT)の欠乏によって発症する。Univ. Bordeauxを中心とするフランスの研究グループは今回、CRISPR/Cas9技術によりPH1患者由来のiPS細胞のAAVS1に、ミニ遺伝子AGXTをノックインすることで、iPSCから分化した肝細胞様細胞においてコドン最適化したAGTの発現を実現した。

6. [レビュー] ゲノム編集からゲノム工学へ:CRISPR/Casにより植物染色体を自在に組み換える
[出典] REVIEW "From gene editing to genome engineering: restructuring plant chromosomes via CRISPR/Cas" Schmidt C, Schindele P, Puchta H. aBIOTECH.  2019-08-09.
 Karlsruhe Institute of Technologyの研究チームが、植物におけるCRISPR/Casシステムによる染色体再配置 (転移、重複、欠損、逆位および転座)をCRISPR/Cas技術で再現するゲノム工学を、進化過程で発生する染色体組換およびマウスにおけるCRISPR/Casシステムによる染色体再配置を参照しながらレビュー

7. [レビュー] dCas9に転写抑制因子または転写活性因子を融合させることで、植物における遺伝子転写を調節
[出典] REVIEW "The working dead: repurposing inactive CRISPR-associated nucleases as programmable transcriptional regulators in plants" Li Z, Xiong X, Li J (中山大学). aBIOTECH. 2019-08-09

8. タイプII CRISPR-Casシステムにおけるスペーサの挿入と長さを調節するDNAエレメントを同定
[出典] "CRISPR DNA elements controlling site-specific spacer integration and proper repeat length by a Type II CRISPR–Cas system" Kim JG, Garrett S, Wei Y, Graveley BR, Terns MP.
Nucleic Acids Res. 2019-08-08.
 University of GeorgiaとUniversity of Connecticut Health Centerの研究チームは今回、Streptococcus thermophilusのタイプII-A CRISPRシステムにおいて、Cas1/Cas2がCRISPR遺伝子座への精密なスペーサ組み込みの分子機序を明らかにし、リーダ配列のうちリピート配列近位の10 bpが決定的な役割を担っていることを明らかにした。

9. アデノウイルス (Adウイルス)パッケージング細胞においてCas12a発現を抑制することで、CRISPR-Cas12aシステムのAdウイルスベクター産生亢進
を促進
[出典] "Efficient generation of adenovirus vectors carrying the Clustered regularly interspaced short palindromic repeat (CRISPR)-CRISPR associated proteins (Cas)12a system by suppressing Cas12a expression in packaging cells" Tsukamoto T, Sakai E, Nishimae F, Sakurai F, Mizuguchi H. J Biotechnol. 2019-08-09
 大阪大学と医薬基盤・健康・栄養研究所の研究チームは、Cas12aを送達するAdウイルスベクター産生にあたり、Adウイルスバッケージング細胞 (HEK293細胞)におけるCas12aの発現が産生を阻害することを見出し、今回、Tet-onシステムまたは条件付きプロモータ (肝細胞特異的プロモーター)の利用、あるいは、Cas12aを標的とするshRNA発現により、Cas12aの発現を抑制することで、Adベクターの産生量を増量した。

10. 抗CRISPRタンパク質AcrIIC3 は、HNHヌクレアーゼドメインの表面をもとに、Cas9オーソログを判別する
[出典] "Anti‐CRISPR AcrIIC3 discriminates between Cas9 orthologs via targeting the variable surface of the HNH nuclease domain" Kim Y [..] Lee BJ, Suh JY. FEBS J. 2019-08-07.
 ソウル国立大学を中心とする韓国の研究グループは今回、AcrIIC3がNeisseria meningitidis由来のタイプII-C Cas9のHNHヌクレアーゼドメイン相互作用することで (活性部位と反対側の部位に結合し)、アロステリックにHNHのヌクレアーゼ活性を阻害することを見出した。
  • AcrIIC3はNmCas9のHNHドメインとの間で独特の界面を形成することで、AcrIIC1が幅広いCas9オーロソグを阻害するのと対照的に、NmCas9を特異的に阻害する。
  • HNH界面を、NmCas9からGeobacillus stearothermophilus Cas9またはCampylobacter jejuni Cas9に置換すると、AcrIIC3の結合が有意に減弱した。