1. [レビュー] CRISPR時代のヒツジ (sheep)とヤギ (goat)のゲノム工学
[出典] REVIEW "Sheep and Goat Genome Engineering: From Random Transgenesis to the CRISPR Era" Kalds P [..] Wang X, Chen Y. Front Genet. 2019-09-03.
  • Yulin Chen (西北農林科技大学)とXiaolong Wang (Recombinetics)を責任著者として、胚分割クローニングからCRISPR/Cas9に至る技術開発の歴史と応用展開*をレビュー (Figure 1-2引用下図参照);(*) 筋肉成長;毛長伸長;ミルク成分調整;繁殖向上;疾患耐性;ヒト疾患モデル;ヒト臓器形成Sheep & goat
2. [フォーラム] CRISPR技術に基づく指向性進化法による作物改良
[出典] FORUM "CRISPR-Based Directed Evolution for Crop Improvement" Butt H, Zaidi SS, Hassan N, Mahfouz M. Trends Biotechnol. 2019-08-30.
  • KAUSTのMagdy Mahfouz(*)らによるフォーラム [* CRISPRメモ_2019/05/06 [第5項] CRISPR-Cas9による植物の指向性進化 (directed evolution)を実現]
3. 金ナノクラスタ (AuNCs)を介したSpCas9タンパク質デリバリによりウイルス癌遺伝子をノックアウト
[出典] "Gold Nanoclusters-Mediated Efficient Delivery of Cas9 Protein through pH-Induced Assembly-Disassembly for Inactivation of Virus Oncogenes" Ju E, Li T, da Silva SR, Gao SJ. ACS Appl Mater Interfaces 2019-08-30
  • SpCas9-AuNCsの高pHで安定な一方で低pHで分解する特性を活かした非ウイルス性デリバリ法により、子宮頚癌細胞特異的なE6癌遺伝子の効率的ノックアウトと、腫瘍抑制因子p53の機能の回復ならびに細胞死誘導を実現。
4. CRISPR-Cas13aがグリオーマ細胞株において'コラテラルRNase活性'を示すことを確認
[出典] "The CRISPR-Cas13a Gene-Editing System Induces Collateral Cleavage of RNA in Glioma Cells" Wang Q [..] Kang C. Adv Sci. 2019-08-29
  • Cas13a-crRNAは、crRNAの標的 (RNAまたはDNA)に結合すると、RNAsを無差別に切断する'コラテラルRNase活性'を帯びていることが知られている。Tianjin Medical University General Hospitalなどの中国研究グループは、このCas13a 'コラテラルRNase活性'が、グリオーマ細胞株 U87にても発生することを確認した。
5. [概説] CRISPR-Cas12とCas13の特徴
[出典] "CRISPR-Cas12 and Cas13: the lesser known siblings of CRISPR-Cas9" Yan F, Wang W, Zhang, J. Cell Biol Toxicol. 2019-08-29
  • Capital Medical UniversityとPeople’s hospital of Zhengzhou Universityのチームによる概説
6. CRISPR-Cas12aにプラチマ・ナノ粒子レポータを組み合わせることで、目視でのSNVs/SNPs定量を実現
[出典] "CRISPR-Cas12a Coupled with Platinum Nano-Reporter for Visual Quantification of SNVs on a Volumetric Bar-Chart Chip" Shao N, Han X, Song Y, Zhang P, Qin L. Anal Chem. 2019-08-28
  • アレル頻度0.01%までの感度を実現
7. プール型BE3スクリーンによりBRCA1変異の機能解析
[出典] "A CRISPR-based base-editing screen for the functional assessment of BRCA1 variants" Kweon J [..] Kim Y. Oncogene 2019-08-29.
  • 韓国University of Ulsan College of Medicineの研究グループは今回、HAP1細胞株において、BRCA1の全てのエクソンを標的とする745種類のsgRNAsに基づくプール型BE3機能喪失スクリーンングにより、これまで機能不明であった変異 (variants of uncertain significance (VUSs): c.-97C>T, c.154C>T, c.3847C>T, c.5056C>T, および c.4986+5G>A)の機能を同定した。
8. PD-1とHPVを標的とするCRISPR-Cas9が子宮頸癌に対して相乗的抗腫瘍効果を示した
[出典] "Synergistic antitumor effect on cervical cancer by rational combination of PD1 blockade and CRISPR-Cas9-mediated HPV knockout" Zhen S, Lu J, Liu YH, Chen W, Li X. Cancer Gene Ther. 2019-08-27
crisp_bio注:同一タイトル同一著者による論文が、Archives of Biochemistry and Biophysicsに発表されたのち、取り下げられている (WITHDRAWN)。
  • 西安交通大学付属病院などの中国研究グループは、HPV16 E6/E7を標的とするgRNA/ca9が子宮頸癌由来SiHa細胞株を細胞死へ誘導し、SiHa細胞を移植・定着したヒト化SCIDマウスへCas9とgRNA-PD-1ならびにgRNA-HPV16 E6/E7を併用すると生存期間が延び、腫瘍増殖が抑制されることを示した。
  • またこの併用によって、樹状細胞、CD8+/CD4+ T細胞が増加し、Th1依存性免疫応答遺伝子の発現が上昇し、免疫調節/抑制遺伝子の転写が低減し、腫瘍微小環境が免疫抑制状態から免疫刺激状態へ変化することを示した。
9.  16歳から70歳の学生・一般に向けたCRISPR-Cas6時間コース
[出典] "CRISPR-Cas experiments for schools and the public" Ziegler H, Nellen W. Methods. 2019-08-28.
  • 大腸菌におけるプラスミド由来lacZノックアウト実験と講習で構成