16. Genetic determinants of cellular addiction to DNA polymerase theta. Feng W [..]  Gupta GP. Nat Commun 2019-09-19
  • CRISPR/Cas9スクリーンによりDNAポリメラーゼシータ (Polq)と合成致死の関係にあるBrca1/2を含む140種類の遺伝子 (PolQSL, 左下図参照)を同定;DSBの相同組み換え修復不全の癌細胞においてPolqが治療標的であることを示唆 (右下図参照);論文中で、MMEJ (Alt-EJ)をTheta Mediated End Joining (TMEJ)と表記
TMRJ 1 TMEJ 7
17. CRISPR/Cas13a signal amplification linked immunosorbent assay (CLISA). Chen Q, Tian T, Xiong E, Wang P, Zhou X. bioRxiv. 2019-09-24
  • CLISA: Cas13aのコラテラルRNA切断機能を利用することで (Fig 3引用下図参照)、ELISAの100倍の感度を実現;ヒトのIL-6とVEGFの検出限界2.29 fMと0.81 fMを達成CLISA
18. CRISPR-Cas9 generated Pompe knock-in murine model exhibits early-onset cardiomyopathy and impaired skeletal muscle function. Huang JY et al. bioRxiv. 2019-09-24.
  • マウス筋芽細胞に、ssODNドナーテンプレートを利用したCRISPR-Cas9により交差反応性免疫物質 (CRIM)陰性Gaa変異 c.1826insAをノックインすることで、ヒト幼児期発症ポンペ病の症状を再現するモデルマウスを作出
19. A viral ring nuclease anti-CRISPR subverts type III CRISPR immunity. Athukoralage JS [..] Gloster T, White MF. bioRxiv. 2019-09-24; PDB 6SCF: AcrIII-1 in complex with cA4 (resolution 1.55 Å) > An anti-CRISPR viral ring nuclease subverts type III CRISPR immunity. Nature. 2020-01-15.
20. Genome-wide synthetic lethal CRISPR screen identifies FIS1 as a genetic interactor of ALS-linked C9ORF72. Chai N [..] Gitler AD. bioRxiv. 2019-09-21.
  • その変異がALSの原因とされているC9ORF72を欠損しているヒト骨髄細胞を対象とするゲノムワイドCRISPRスクリーンにより、C9ORF72と、ミトコンドリアの分裂とマイトファジーに関与するFIS1とが合成致死の関係にあることを発見し、MSとサイトカインプロファイリングにより、FIS1の抗炎症機能を介して C9ORF72の免疫調節機能不全の影響を緩和することを同定
21. Identification of Transgene-Free CRISPR-Edited Plants of Rice, Tomato, and Arabidopsis by Monitoring DsRED Fluorescence in Dry Seeds. Aliaga-Franco N [..] Minguet EG. Front Plant Sci. 2019-09-18. (bioRxiv 2019-02-19)
  • DsREDの蛍光による乾燥種子における外来遺伝子の有無判定を実現 (左下図の挿入コンストラクトと右下図の実証結果参照)
DsRED 1 DsRED 2
22. A CRISPR/Cas9 mediated 53 kb deletion of the NRC4 gene cluster of tomato does not affect bacterial flagellin-triggered immunity. Wu CH, Apache H, De la Conception JC, Castells-Graells R, Nekrasov V, Kamoun S. bioRxiv. 2019-07-10.
  • CRISPR/Cas9によりトマトの免疫応答に関与するNLRファミリー (Nucleotide-binding domain and leucine rich repeat containing family)のヘルパーNRC4遺伝子クラスターの53 kb (3種類のNRC4パラログとNRC5)をCRISPR/Cas9で削除し、NRC4がフラジェリンに対する免疫応答に必須ではないことを同定