Science 2019年9月27日号は「遺伝型から表現型」の特集号として4つのレビューを収録

1. ヒトの遺伝型と表現型の相関の素因を腑分けする
pp 1396-1400: Deconstructing the sources of genotype-phenotype associations in humans. Alexander I. Young, Stefania Benonisdottir, Molly Przeworski, Augustine Kong
 標準的なゲノムワイド関連解析 (GWAS)とトリオをベースにしたGWASをもとに、同定された疾患関連変異の直接作用、間接作用および交絡因子を介した作用を腑分けする手法と成果をレビュー

2. シングルセルゲノミクスに基づく表現型の遺伝型へのマッピング
pp 1401-1405: Mapping human cell phenotypes to genotypes with single-cell genomics. J. Gray Camp, Randall Platt, Barbara Treutlein.
 シングルセルゲノミクスに基づくヒトの細胞から組織・オルガノイドに至るまでのフェノタイピング、および、幹細胞技術とCRISPR-Cas技術によりフェノタイプを機能的にヒトゲノム上の領域に紐づける手法と成果をレビュー (CRISPR toolboxについてFig. 4 参照)

3. マイクロバイオームが宿主のフェノタイプを作り出す
pp 1405-1409: Microbiomes as sources of emergent host phenotypes. J. B. Lynch, E. Y. Hsiao
Science 27 Sep 2019:
 宿主動物が共生マイクロバイオームに与える作用とマイクロバイオームが宿主にもたらす形質について、マイクロバイオームが行動ならびに神経系に及ぼす作用に焦点をあててレビュー (Fig. 2 参照)

4. トランスレーショナルゲノミクスと個別化医療:研究室から臨床へ
pp 1409-1413: Translational genomics and precision medicine: Moving from the lab to the clinic. Eleftheria Zeggini, Anna L. Gloyn, Anne C. Barton, Louise V. Wain.
 2型糖尿病や高血圧症など数千の変異がかかわるとされる'complex deisease'のゲノム研究の、精密医療 (個別化医療)、機能ゲノミクスによる創薬標的発見、疾患の予測・予防・予後のバイオマーカ同定への応用をレビュー (Fig. 1 参照)