2017年04月

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/09/22)Author: Heidi Ledford (Nature レポーター)USTPOにおける特許係争は、CRISPRシステムの真核生物細胞ゲノム編集への展開は “obvious”であり“ordinary”な技術を備えた人材であれば誰でも実現できることである ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/09/22)[RESEARCH HIGH LIGHT/論文] 新ゲノム編集技術:構造をガイドとするエンドヌクレアーゼ(structure-guided endonuclease, SGN)を開発RESEARCH HIGHLIGHT corresponding author: Shawn M. Burgess (NHGRI, NIH) 論 ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/09/21)Corresponding author: 浜地 格(京都大学)亜鉛イオンは全生物に必須である。タンパク質に結合した亜鉛は金属タンパク質の構成要素あるいは酵素補因子として機能し、緩やかに結合あるいは独立の亜鉛は神経活動などを ... もっと読む

# crisp_bio 2019-02-20/21に追記/改訂:「Rubicon・オートファジー・老化」論文[出典] "Suppression of autophagic activity by Rubicon is a signature of aging" Nakamura S, Oba M [..] Yoshimori T.  Nat Commun. 2019-02-19オートファジーの抑制因子Rubiconの発現が ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/09/21)Corresponding author: 多胡めぐみ(慶應義塾大学)IL-33(インターロイキン33)は、マスト細胞を含む免疫細胞に主として発現するST2L(*)のリガンドであり、IL-6のような炎症誘発性サイトカインを誘導し、アレルギ ... もっと読む

↑このページのトップヘ