2017年05月

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2017/01/05)Corresponding authors: 鈴木未来子;山本雅之(東北大学)[背景]KEPA1-NRF2システムは、酸化ストレスと生体異物ストレスに対する細胞の防御システムを調節する。NRF2は転写因子であり、抗酸化、解毒および代謝に ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2017/01/04)[RESEARCH HIGHLIGHT] ゲノム編集活性のオフ・スイッチCRISPR/Cas9の天然のオフスイッチを報告したPawlukらのCell 論文をハイライト:Pawluk , A. et al. “Naturally Occurring Off-Switches for CRISPR-Cas9.” ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2017/01/04)Last author: 浦野泰照(東京大学)β-ガラクシダーゼと発色基質X-galを代表とする酵素/基質の組合せからなるレポーターシステムが広く利用されているが、それぞれに一長一短があり、既存のシステムと直交するレ ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2017/01/03)Corresponding authors: Jared E. Toettcher; Clifford P. Brangwynne (Princeton U.)細胞内には、リボ核タンパク質(RNP)ボディー(body)、核小体、PMLボディーなど、膜に囲まれていない(membrane-less)が ... もっと読む

CRISP_SCIENCE@ScienceCrisp[展望]Science 0526 https://t.co/gxwCK1821N 21世紀細胞生物学の海図:Cell Atlas論文https://t.co/hWotkOKnQDhttps://t.co/dNjws7rntShttps://t.co/E4HsDm2UWQ2017/05/27 10:43:11 CRISP_SCIENCE@ScienceCrispCell Atlas(蛋白細胞内局在):〜1 ... もっと読む

↑このページのトップヘ