2017年05月

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ2016/12/30)Corresponding authors: Cyrus M. Ghajar (Fred Hutchinson Cancer Research Center); Mina J. Bissell (Lawrence Berkeley National Laboratory)癌進行と転移のモデルは、原発部位で徐々に遺伝的変異を蓄積しつ ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/12/30)Corresponding author: Roderick MacKinnon (Rockefeller U.)2003年ノーベル化学賞共同受賞者の一人であるMacKinnonらは今回、クライオ電顕単粒子再構成法によって、ウシのCLCチャネル(CLC-K)の構造を明らかに ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/12/28)Corresponding author: 小林広幸 (東海大学)腫瘍細胞における遺伝的変異の機構解明の一環として、急性白血病細胞株MOLT-3と抗がん性抗生物質イダルビシン(Idarubicin)に対する耐性を獲得した細胞株MOLT‐3/IDRに ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/12/29)Corresponding authors: Richard Neutze (U. Gothenburg);岩田 想(RIKEN SPring-8/京都大学)バクテリアロドプシン(bR)は発色団レチナールを含む。レチナールは光を受けると暗状態から異性化し、分子内のプロト ... もっと読む

The FASEB Journal vol. 31 no. 1 Supplement (2017年4月)掲載分(記事登録更新ログ:2017/05/16 25件掲載;2017/05/17 6件(#26-31)追加;2017/05/19 6件(#32-37)追加とリンク修復;20170521 追加5件(#38-42)はこちらから)1.    Eico ... もっと読む

↑このページのトップヘ