2017年06月

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/01/14)[論文] CRISPR/Cas9に依る受精卵における染色体工学:Allan Bradley (Wellcome Trust Sanger Inst.)ヒトの疾患モデルとしてのマウス作出の観点から、大領域(1 M-bpの長さのゲノム領域)の削除と逆位および ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/01/13)Corresponding author: 山田健一(九州大学) 難燃剤として利用されているTBBPAはハロゲンを含むため、焼却処理するとハロゲン化ダイオキシンが発生する恐れがあるTBBA/HAの光分解を、EPR法とLC-MS法で解析 ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/01/13) Corresponding author: 千田俊哉 (KEK); 佐々木敦朗 (U. Cincinnati/KEK) 細胞内のATPセンサー、酸素センサーあるいはアミノ酸センサーとして、AMPKとmTOR、Hypoxia inducible factor (HIF) prolyl hyd ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/01/13)Corresponding author: 多胡めぐみ (慶應大学)肥満と肥満関連代謝病に対応すべく脂肪生成を抑制する新奇化合物が求められている.今回、PPARγ(Peroxisome Proliferator-Activated Receptor γ)を過剰発 ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/01/13) Corresponding author: 廣明秀一 (名古屋大)アミロイド繊維形成と重合化の機構研究のためには、物理的に一様なペプチドを用意する必要があるが、今回、バクテリアで発現させたAβ(1–4 ... もっと読む

↑このページのトップヘ