2017年06月

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2015/10/09) ヌクレオチト除去修復機構: XPCタンパク質がTFIIH複合体のサブユニットp62に結合しTFIIH複合体をDNA損傷部位にリクルートする :西村善文(横浜市大 院 生命医科学研究科)2015年ノーベル化学賞の一人Aziz ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/01/12)Ronald N. Germain(NIAID)らが自ら開発したhisto-cytometry法(多様な細胞集団を多重のマーカーによって標識し、組織切片内で、細胞集団の可視化、定量化および位置決め可能とする技術;JoVEビデオ)によって、マウ ... もっと読む

[出典] Cole KP et al. “Kilogram-scale prexasertib monolactate monohydrate synthesis under continuous-flow CGMP conditions.” Science. 2017 Jun 16;356(6343):1144-1150.[背景]近年、強力な薬効を示す医薬品候補化合物の拡大と比較的小規模な患者集団に適合する個別 ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/01/12)[注] 本稿は、 Nature 誌2015年11月11日掲載2論文を取り上げたNature News & Viewsに 準拠しています.[背景] これまで、in vitro とヒトがんのモデルマウスにおける実験に基づいて、がんの転移過程は ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/01/11)新奇抗がん剤の開発の手法の一つは、がん細胞株に特異的な低分子をフェノタイプ・スクリーニングに依って探索・同定し、続いて、その作用機構をケモゲノミクスによって予測する手法である.腫瘍抑制因子は、 ... もっと読む

↑このページのトップヘ