2017年07月

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/01/20)[論文] ヒストンH3.5は、ヒト精巣において不安定なヌクレオソームを形成し、転写開始点周辺に蓄積する:胡桃坂仁志(早稲田大学)H3バリアントの一種でありH3.3から進化したみられるH3.5は、精巣で高発現する ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/01/20)[論文] P糖タンパク質阻害剤との併用によって、繰り返し低温ストレスによって引き起こされる中枢性疼痛に対するプレガバリンの有効投与量を低減し、投与期間を空けることが可能である:植田弘師 (長崎大学 ... もっと読む

CRISP_SCIENCE@ScienceCrisp#PDIS マウスES細胞誘導・始原生殖細胞様細胞(PGCLC)の〜50倍in vitro増殖実現;PGCLCsは精子形成能保持、DNAメチローム消去など生殖細胞系列のエピゲノム“blank slate”再現EMBO J 0530 https://t.co/ZKNy4HBedB2017/06/04 13:29:11 CRISP_SCI ... もっと読む

1.     CRISPR Cas9で卵透明帯のZP2とZP3の変異モデルマウスを作出し、ZP2/ZP3ヘテロ変異の遺伝子量効果が女性不妊をもたらすと結論Liu, W., Li, K., Bai, D.(同済大学) et al. “Dosage effects of ZP2 and ZP3 heterozygous mutations cause human infer ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/01/19) 微小管結合蛋白質タウ(tau)は、アルツハイマー症およびタウオパチーと呼ばれる前頭側頭型認知症(frontotemporal dementia: FTD)において細胞質内凝集体を形成する. Karen E. Duffらコロンビア大学と ... もっと読む

↑このページのトップヘ