2017年07月

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2015/12/26)過剰にリン酸化されたタウ原線維で構成される神経原線維変化(neurofibrillary tangles)は、アルツハイマー症の病理的特徴であり、神経原線維変化数とアルツハイマー症の進行は強く相関している.この神経原 ... もっと読む

2017/07/02ツイート一覧CRISP_SCIENCE@ScienceCrisp#CRISPR Cas9でKv1.5カリウムチャネル遺伝子KCNA5をノックアウトしたヒトiPSCから心筋細胞を樹立;心房性特異的疾患モデルとして有用Front Physiol 0619 https://t.co/pLsazAWV8T2017/07/02 11:59:51 CRISP_SCIENCE@Science ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/01/19)免疫調節を狙った薬剤以外でも、免疫系に致死的な障害を与えることがあるため、薬剤が免疫系に与える影響を包括的に評価可能とするシステムが必要である.今回、Brian D. BrownとJoel T. Dudleyらは、Immuno ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/01/18) 本記事は、Creative Commonsのライセンスに準拠したライフサイエンス領域融合レビューからの引用です.(© 2016 栗栖源嗣・昆 隆英 Licensed under CC 表示 2.1 日本)ダイニンはATPに依存して微小管 ... もっと読む

1.   CRISPR Cas9のオフターゲット・リスク予測 王 青波 & 程 久美子 (東大生物情報). “Computational Prediction of CRISPR/Cas9 Target Sites Reveals Potential Off-Target Risks in Human and Mouse” Genome Editing in Animals (Methods Mol Biol.) 2017 ... もっと読む

↑このページのトップヘ