2017年07月

[出典] Huang Z, Nair M. “A CRISPR/Cas9 guidance RNA screen platform for HIV provirus disruption and HIV/AIDS gene therapy in astrocytes.” Sci Rep. 2017 Jul 20;7(1):5955.[背景] エイズは、HIVの逆転写酵素阻害剤とプロテアーゼ阻害剤の多剤併用療法やHIVがヒト ... もっと読む

[出典] Rose JC, Stephany JJ, Valente WJ, Trevillian BT, Dang HV, Bielas JH, Maly DJ & Fowler DM. “Rapidly inducible Cas9 and DSB-ddPCR to probe editing kinetics.” Nat Methods. Published online 24 July 2017.低分子化合物でDSB活性を誘導可能なciCas9(chemica ... もっと読む

[背景] 高品質な蛋白質を大量かつ安定に供給する養殖は重要な産業であり、魚の感染症防止策として、ファージ療法を含む新たな手法の研究開発が続いている。一方で、ファージとバクテリアは進化的軍拡競争の関係にあり、ファージの感染性とバクテリアの感染抵抗性は拮抗的共進 ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/02/01)Patrick Cramer (MPI)らドイツ研究チームは、ヒトのポリメラーゼⅡ (Pol Ⅱ) と比較してアミノ酸配列7残基を除いて同一なウシPol Ⅱの構造を、DNA鋳型ならびにRNA転写産物と伸張複合体を形成している状態 ... もっと読む

l   Safe Genes Project:米国DARPA(国防高等研究計画局)は、2016年9月から同年11月17日締め切りでゲノム編集の応用展開と安全確保を対象とする”Safe Genes”プロジェクトの課題を募集していたところ、2017年7月19日になって4年間US$65Mの計画を発表した:“ ... もっと読む

↑このページのトップヘ