2017年08月

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/02/03) Cell squeezing 法は、細胞を30〜80%圧縮する経路を組み込んだマイクロ流体(microfluidic)プラットフォームにおいて、粘弾性変形を介して細胞膜に過渡的に生じて自動修復する微小な孔から、任意の分子 ... もっと読む

[1] エピゲノム編集:ヒト細胞において、dCas9-メチルトランスフェラーゼにより標的DNAをメチル化 先行研究にて、ヒトDNAメチル化酵素DNMT3aまたはNMT3a-DNMT3LをdCas9に融合しgRNAでガイドすることによる標的サイトのメチル化が実現されていた。しかし、精密に ... もっと読む

[1] 個人間・集団間のゲノムの多様性がCRISPRゲノム編集治験・治療を左右する  “Implications of human genetic variation in CRISPR-based therapeutic genome editing.”Scott DA & Zhang F. Nature Medicine. Published online 31 July 2017. l   CRISP ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/02/03)[論文] プロウイルスDNA切断を生き延びるHIV-1:Atze T. Das; Ben Berkhout (U. Amsterdam)最近、感染細胞のDNAに入り込んだHIV-1のプロウイルスDNAを、CRISPR/Cas9によって切断した報告が続いている.今 ... もっと読む

↑このページのトップヘ