2017年08月

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/02/15) Christopher M. Dobson、Tuomas P. J. Knowles、Michele VendruscoloらCambridge大学、Lund大学ならびにGroningen大学の研究チームは、Aβ凝集過程と低分子の作用機序を化学反応速度論によって定量解析し、T細胞リ ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/02/15) 2014年にStreptococcus pyogenes Cas9 (SpCas9)、2015年にStaphylococcus aureus Cas9 (SaCas9) の三者複合体の結晶構造(Cas9/gRNA/標的DNA) を高分解能で解いた西増弘志と濡木 理(東大)、Feng Zhang ... もっと読む

[出典] “In Situ Capture of Chromatin Interactions by Biotinylated dCas9.” Liu X et al. Cell. 2017 Aug 24;170(5):1028-1043.  遺伝子発現は、シスエレメント(CREs)とトランスに作用する因子によって、時間的かつ空間的(組織特異的)に調節される。CRE ... もっと読む

[出典] “Classification and function of small open reading frames.” Couso JP, Patraquim P. Nat Rev Mol Cell Biol. 2017 Sep;18(9):575-589. Epub 2017 Jul 12.真核生物ゲノムには10〜100コドンの短いOpen Reading Frame(smORFs)が数百万存在するが、その ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/02/14)[論説] ヒト遺伝子編集国際サミットに対する米国遺伝子・細胞治療学会(ASGCT)見解: Theodore Friedmann (Chair, ASGCT Ethics Committee and Editorial Board Member)中国でのヒト胚ゲノム編集(*)を ... もっと読む

↑このページのトップヘ