2017年08月

1.CRISPR-PLAM:CRISPR-Cas9を介したラベリングによる単分子の可視化と分解能 [出典] “CRISPR-Cas9 Mediated Labelling Allows for Single Molecule Imaging and Resolution.” Khan AO, Simms VA, Pike JA, Thomas SG, Morgan NV. Sci Rep. 2017 Aug 16;7(1): ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/02/14)MACは、C5b, C6, C7, C8(C8α/C8β/C8γのヘテロ三量体)および多重のC9のサブユニットで構成されていく(下図参照).MACのpoly-C9は、ポア形成溶解タンパク質パーフォリン(perforin)やコレステロール ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/02/14)MACは、補体の活性化によって液体相のタンパク質が脂質二重膜内にポアを形成し、機能する.Doryen Bubeck (Imperial College London)らは今回、クライオ電顕単粒子再構成法によって〜8 Å分解能の構造を明 ... もっと読む

1.[論文] 血中循環EBウイルスDNAは、無症候状態の上咽頭癌の早期発見に有効である  [出典] “Analysis of Plasma Epstein-Barr Virus DNA to Screen for Nasopharyngeal Cancer.” Chan KCA, Woo JKS, King A, Zee BCY, Lam WKJ, Chan SL, Chu SWI, Mak C, Tse ... もっと読む

(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2016/02/13)Thomas Hartung (CAAT(動物実験代替法センター), JHU)らは、2006年に発効した化合物規制REACH (registration, evaluation, authorization and restriction of chemicals)の枠組みでECHA (European Chemica ... もっと読む

↑このページのトップヘ