2017年12月

1.ALSマウスモデルの遺伝子治療[出典]"In vivo genome editing improves motor function and extends survival in a mouse model of ALS" GAJ T,  Ojala DS, Ekman FK, Byrne LC, Limsirichai P, Schaffer DV. Sci Adv. 2017 Dec 20;3(12):eaar3952.筋萎縮性側索硬化症(A ... もっと読む

1.[プロトコル]Easi-CRISPR:長鎖一本鎖を利用してノックインマウスとコンディショナルノックアウトマウスを高効率で作出する法[出典]"Easi-CRISPR for creating knock-in and conditional knockout mouse models using long ssDNA donors" MIURA H, Quadros RM, Gurumurth ... もっと読む

[出典]"NetSig: network-based discovery from cancer genomes" Horn H, ~ Boehm JS, Getz G, Lage K. Nat Methods. 2017 Dec 4. bioRxiv Posted October 30, 2017. 分子間ネットワーク情報と癌ゲノムデータの統合解析によって、遺伝子データの統計検定からの癌遺伝子の同定 ... もっと読む

[出典]"LinkedOmics: analyzing multi-omics data within and across 32 cancer types" Vasaikar SV, Straub P, Wang J, Zhang B. Nucleic Acids Res. 2017 Nov 9. LinkedOmicsデータベースは、The Cancer Genome Atlas (TCGA)プロジェクト由来の患者のべ11,158人、32種類の ... もっと読む

FDAは2017年12月19日に、米国で3番目となる遺伝子治療を認可した。これまでの2件はいずれも、患者由来のT細胞を遺伝子操作し患者に戻すCAR-T療法であり、今回の認可は、正常遺伝子を患者にAAVにて直接注入する遺伝子治療として、米国初:2017年8月30日 ノバルティス社のキ ... もっと読む

↑このページのトップヘ