1. 野生型FnCas9は極めて高精度であり鎌状赤血球貧血症の変異修復にも利用可能
[出典] Francisella novicida Cas9 interrogates genomic DNA with very high specificity and can be used for mammalian genome editing. PNAS 2019-09-30 (bioRxiv 2019-06-19)
2. SpCas9と一対のsgRNAsは、平滑末端ではなく粘着末端を生成し、予測可能なジ/トリ・ヌクレオチド挿入を誘導する
[出典] Cas9 has no exonuclease activity resulting in staggered cleavage with overhangs and predictable di- and tri-nucleotide CRISPR insertions without template donor. She X, Shou J [..] Wu Q. Cell Discovery. 2019-10-01.
  • SpCas9と一対のsgRNAsはHEK293T細胞で、DNA断片の欠損、逆位、重複または環状化、挿入および転位を誘導した。その結果再結合された領域は一対のsgRNAsのいずれともマッチしないことからCas9切断の標的とならず保存され続く解析が可能になる (実験パイプラインについてFigure S1引用下図参照)。Cas9-S1
  • 染色体再配置に由来する571種類のアンプリコンを解析し、シングル・ヌクレオチド挿入に加えて今回、非相補鎖に予測可能なジ/トリ・ヌクレオチド挿入が誘導されることを見出した (Fig. 1引用下図参照)。これは、SpCas9がエクソヌクレーアーゼ活性を帯びておらず粘着末端を生成することに起因する。Cas9-1