8. CRISPR Babiesを巡る論説
[出典] The Moral Choices on CRISPR Babies. Krimsky S. The American Journal of Biotethics. 2019-09-26.
  • 安全性確保を前提として疾患責任変異の修復は倫理的行為;生殖に関する自己 (両親)決定権;標的遺伝子編集がもたらす予測不可能なコラテラル・ダメージ;遺伝子編集による機能向上が社会格差を拡大する;疾患治療と機能強化の明確な線引きとそれを現実とする社会的規制;ヒトを手段としてはならないという倫理
9.  先行研究で開発したDD45pro::Cas9, sgRNAおよびHRドナーのオールインワン・コンストラクトに翻訳エンハンサーを加えることで、シロイヌナズナのROS1遺伝子座への効率の良い継代可能な遺伝子ターゲッティングを実現
[出典] Gene targeting in Arabidopsis via an all‐in‐one strategy that uses a translational enhancer to aid Cas9 expression. Peng F, Zhang W, Zeng W, Zhu JK, Miki D. Plant Biotechnol J. 2019-09-25.

10. CRISPR/Cas9技術により、コチョウランの50メンバーからなるMADS遺伝子ファミリーの単一、二重および三重の変異体を作出
[出典] High-efficiency CRISPR/Cas-based editing of Phalaenopsis orchid MADS genes. Tong CG, Wu FH, Yuan YH, Chen YR, Lin CS. Plant Biotechnol J. 2019-09-25

11. シロイヌナズナの花生誘導遺伝子であるFLOWERING LOCUS T (FT)を標的として、 植物におけるCRISPRaを介した転写活性化とエピゲノム調節を実証
[出典] CRISPR-based tools for targeted transcriptional and epigenetic regulation in plants. Lee JE, Neumann M, Duro DI, Schmid M. PLoS One. 2019-09-26
  • Golden Gateに基づいたGreenGateクローニング法でMS2-dCas9と転写活性化因子VP64およびH3K27アセチル基転移酵素p300とH3K9メチル基転移酵素KRYPTONITEの組み合わせたコンストラクトを作出し (Fig.1とFig.2引用下図参照)、実証
CRISPRa for plant 1 CRISPRa for plant 2
12. CRISPR/Cas9nによりB. subtilisのイタラティブなゲノム編集に加えて同時多重ゲノム編集を実現
[出典] Development and characterization of a CRISPR/Cas9n-based multiplex genome editing system for Bacillus subtilis. Liu D, Huang C [..] Wang Z, Zhao X. Biotechnology for Biofuels. 2019-09-27
  • 1-8 kbの遺伝子欠損、1-2 kbの遺伝子挿入、部位特異的変異導入、大規模DNA断片削除ならびに三重点変異導入の効率それぞれ、80%以上、90%以上、100%近く、23.6%ならびに50%近くを達成。非相同末端結合修復系に関わる ligD遺伝子を削除することで三重の点変異導入効率70%に向上 (Fig. 5引用下図参照);リボフラビンオペロン内の3遺伝子を同時に調節することで、リボフラビンの生合成を亢進ligD