2018年01月

(構造生命科学ニュースウオッチ2016/03/28から転載)Matthiu Piel (Institut Curie)らフランスチームと、Jan Lammerding (Cornell U.)ら米・オランダチーム がそれぞれ独立に発見した現象が、3月24日付けのScience オンライン版で報告された.両論文とも補助資料に ... もっと読む

1.Rho-associated kinase-1 (ROCK1) とE-cadherin (CDH1)を標的とするCRISPRiにより、ヒトiPSCから形態形成における非対称性生成機能の解明を可能とするモデルを誘導[出典] Libby ARG, Joy DA, So PL, Mandegar MA, Muncie JM, Weaver VM, Conklin BR, McDevitt TC. "Spati ... もっと読む

(構造生命科学ニュースウオッチ2016/03/27から転載) Corresponding author: Morgan Huse (Memorial Sloan-Kettering Cancer Center)CTLは病原菌感染細胞やがん細胞との接触領域に、アクチンの重合化と流入を含む細胞骨格の再構築を伴いながら、免疫シナ ... もっと読む

(構造生命科学ニュースウオッチ2016/03/23から転載) 2016年3月23日ガードナー財団ガードナー国際賞2016を発表 (受賞者一覧の氏名、受賞理由フレーズおよび肩書)Feng Zhang"真核生物のゲノム編集ツールとなるCRISPR-CASの開発:for development of CRISPR-CAS a ... もっと読む

(構造生命科学ニュースウオッチ2016/03/27から転載)[ミニレビュー] CRISPR/Cas9機能の時空間制御:Alexander Deiters (U. Pittsburgh)[低分子による制御]インテインを挿入した不活性Cas9を、4-ヒドロキシタモキシフェン(4-HT)によるインテインの活性化と自己ス ... もっと読む

↑このページのトップヘ