2018年04月

 CRISP_BIOは、ターゲットタンパク研究プログラム (TPRP)と創薬等支援技術基盤プラットフォーム事業 (PDIS)でのニュースウオッチから派生したブログでした(注*)。当初、ニュースウオッチを2〜3年遡及再投稿することで始まりましたが、2018年初旬で再投稿が一段落しました ... もっと読む

CRISP_SCIENCE@ScienceCrisp#PDISPeripheral Membrane Interactions Boost the Engagement by an Anti HIV-1 Broadly Neutralizing Antibody.Rujas E… https://t.co/bxWUSEbj9P2018/03/01 20:04:51CRISP_SCIENCE@ScienceCrisp#PDISProstaglandin E2 induction suppresses th ... もっと読む

統合ストレス応答 (ISR)ISRは、細胞ストレスによって誘導される真核生物翻訳開始因子2(eIF2)キナーゼの活性化によってeIF2αがリン酸化され、その結果、eIF2がヌクレオチド交換因子(GEF)であるeIF2Bの基質(下図左)から競合阻害分子 (下図右)へと変化することで、細胞の恒 ... もっと読む

1.[特許]遺伝子産物の発現調節を目的とするCRISPR-Casシステムと手法、構造情報および誘導可能なモジュラーCasエンドヌクレアーゼ"CRISPR-CAS SYSTEMS AND METHODS FOR ALTERING EXPRESSION OF GENE PRODUCTS, STRUCTURAL INFORMATION AND INDUCIBLE MODULAR CAS ENZYMES" ... もっと読む

↑このページのトップヘ