[出典] Exploring the Trans‐Cleavage Activity of CRISPR Cas12a (cpf1) for the Development of a Universal Electrochemical Biosensor. Dai Y [..] Caplan AI, Liu CC. Angew Chem Int Ed. 2019-09-30.
  • 予備実験に基づいてLbCas12aを選択し、電極チップ上のssDNAの密度と長さ、コラテラル活性 (トランス切断)を測定するまでの時間、ならびにCas12a-crRNAとMgイオンの濃度、それぞれについて、最適条件を同定した。
  • HPV-16とヒトパルボウイルスB19についてピコモル濃度レベルの検出感度を達成し、さらに、標的タンパク質に特異的なアプタマーを介することで臨床サンプルからのTGF-β1の検出も実現した。
  • E-CRISPRは、光学系検出装置よりも低コストでポータブルであり、ポイントオブケアに適している。