2020-06-11 [第3項]を更新: MAUDE (Mean Alterations Using Discrete Expression)論文のGenome Biology誌採択・刊行にあわせてリンクを追加
2019-11-01 初稿

1. [デリバリー] Nontoxic nanopore electroporation for effective intracellular delivery of biological macromolecules. Cao Y, Ma E, Cestellos-Blanco S, Zhang B, Qiu R, Su Y, Doudna JA Yang P. Proc Natl Acad Sci U S A. 2019-03-28.
  • UC BerkeleyのP. YangとJ. A. Doudnaらが、核酸、機能性タンパク質およびCas9-sgRNA RNPを、付着細胞と浮遊細胞のいずれにも、80%に達する効率と95%を超える細胞生存率にて送達可能とする非ウイルス系送達法を、ナノサイズの孔を帯びた多孔質フィルター膜をエレクトロポーレション装置に組み入れるシンプルな手法でで実現し、これをナノポアエレクトロポレーション (NanoEM)と称した。
2. [遺伝子機能解析] CRISPR/Cas9 mediated intersectional knockout of GSK3β in D2 receptor expressing mPFC neurons reveals contributions to emotional regulation. Beaulieu M, Khlghatyan J. bioRxiv. 2019-10-31.
  • トロンド大学とラヴァル大学の研究チームが、成体マウス内側前頭前皮質においてD2受容体を発現するニューロン特異的にGSK3βをCRISPR/Cas9によりノックアウトする実験により、GSK3βが感情の調節に関与することを明らかにした。
3. [技術開発] MAUDE: Inferring expression changes in sorting-based CRISPR screens. de Boer CG, Ray JP, Hacohen N, Regev A. bioRxiv. 2019-10-28Genome Biol 2020-06-03.
  • Broad研の研究グループが、プール型CRISPRスクリーニングにおける細胞ソーティングの結果をモデリングすることで、各gRNAひいては各遺伝子がレポータ遺伝子の発現に及ぼす影響を定量化するデータ解析手法 MAUDE (Mean Alterations Using Discrete Expression)を開発し (Figure 1引用下図参照)、MAUDE
    Jurkat細胞においてCD69を調節する領域を同定するためのCRISPRaタイリング・スクーニングで実証した。
4. [技術開発] Contamination-free visual detection of CaMV35S promoter amplicon using CRISPR/Cas12a coupled with a designed reaction vessel: Rapid, specific and sensitive. Wu H, He JS, Zhang F, Ping J, Wu J. Analytica Chimica Acta. 2019-10-23.
  • 浙江大学/雲南農業大学/福州大学の研究グループが、Cas12aのコラテラルssDNA切断活性を利用するDETECTR流の手法に則り、マグネシウムイオンの最適濃度の同定を経て、CAMV35Sプロモータ由来アンプリコンを紫外線照射により裸眼で判定可能とする容器を開発し、大豆粉末から含量0.05%のトランスジェニック大豆の検出を実現した。
5.  [プロトコル] Simple CRISPR‐Cas9 Genome Editing in Saccharomyces cerevisiae. Laughery MF,  Wyrick JJ. Current Protocols. 2019-10-24.
  • ワシントン州立大の研究チームが酵母のCRISPR-Cas9ゲノム編集のプロトコルを紹介
6. [プロトコル] An optimised CRISPR/Cas9 protocol to create targeted mutations in homoeologous genes and an efficient genotyping protocol to identify edited events in wheat. Cui X [..] Ouellet T. Plant Methods. 2019-10-24.
  • オタワ研究開発センターを主とするカナダの研究グループが、植物コドンに最適化したCas9と一対のsgRNAsによる小麦ホメオロガス遺伝子における大規模削除と、編集結果の効率的なジェノタイピングの双方について、最適化したプロトコルを発表した。
7. [研究資源] [REVIEW] Using CRISPR/Cas9 to model human liver disease. Alves-Bezerra M [..] Bissig KD. JHEP Reports. 2019-10-25. 
  • Baylor College of Medicineの研究グループがCRISPR/Cas9によるヒト肝疾患モデル動物の作出の観点から、ES細胞と体細胞のゲノム編集技術の概要と事例*をレビュー (* 非アルコール性脂肪性肝疾患; 遺伝性高チロシン血症Ⅰ型; ウィルソン病; ジストニア・多血症・肝硬変を伴う高マンガン血症; C1型ニーマン・ピック; アルギニノコハク酸リアーゼ欠損症; 家族性高コレステロール血症; 原発性高シュウ酸尿症Ⅰ型; 進行性家族性肝内胆汁うっ滞2型; 肝細胞癌; 肝内胆管癌; 極めて稀なFibrolamellar hepatocellular carcinoma)
8. [研究資源] Generation of a novel HBeAg transgenic mice using CRISPR/Cas9 technique. Guo R [..] Yang J. Nan Fang Yi Ke Da Xue Xue Bao.2019-09-30. (本文 中国語)
  • 西安交通大学第二附属医院の研究グループが、Cas9 mRNA、セーフハーバーのRosa26遺伝子座を標的とするgRNA、およびB型肝炎ウイスルe抗原 (HBeAg)遺伝子を受精卵にマイクロインジェクションすることで、HBeAgトランスジェニックマウス系統を樹立するに至った。
9. [研究資源] Generation of a homozygous HDAC6 knockout human embryonic stem cell line by CRISPR/Cas9 editing. Xie L [..] Zhang W. Stem Cell Research. 2019-10-25.
  • 中南大学湘雅病院の研究グループが、CRISPR/Cas9により、ヒストン脱アセチル化酵素6(HDAC6)のホモ接合型ノックアウト・ヒトES細胞株WAe009-A-21を樹立した
10. [研究資源] Generation of human induced pluripotent stem cell line carrying SCN5A C2204>T Brugada mutation (MUSli009-A-1) introduced by CRISPR/Cas9-mediated genome editing. Angsutararux P, Luanpitpong S [..] Issaragrisil S. Stem Cell Research. 2019-10-25.
  • マヒドール大学の研究グループが、CRISPR/Cas9により、ブルガダ(Brugada)症候群の変異SCN5A C2204>T 帯びたヒトiPS細胞株MUSli009-A-1を樹立した