2019年11月7日 (日本時間)のThe CRISPR Journalのツイートによると、2019年11月4-6日にワシントンDCで開催された米国遺伝子治療・細胞療法会議 (ASGCT: American Society of Gene & Cell Therapy) Policy Summitにて、ゲノム編集の第一人者の一人であるマサチューセッツ総合病院Keith Joungが体細胞遺伝子編集療法の治験の動向について、
と述べたとのことである。

 折しも11月6~7日にかけて、ペンシルベニア大学のCRISPR編集CAR-T療法の第1相試験 [1]の初期段階からのアブストラクト [*] が、2019年12月7~10日にオーランドで開催される米国血液会議 (ASH: American Society of Hematology)年会のWebサイトから公開され [2]、NPR Newscast [3]、New York Times [4]などのニュース・サイトで取り上げられた。
  • [*] First-in-Human Assessment of Feasibility and Safety of Multiplexed Genetic Engineering of Autologous T Cells Expressing NY-ESO -1 TCR and CRISPR/Cas9 Gene Edited to Eliminate Endogenous TCR and PD-1 (NYCE T cells) in Advanced Multiple Myeloma (MM) and Sarcoma. Stadtmauer EA. et al., Blood (2019) 134 (Supplement_1): 49. [61th ASH 米国血液学会議 Annual Meeting abstracts]
 今回の報告は、外科手術、放射線療法および化学療法が奏功しなかった60歳代の癌患者3名 (多発性骨髄腫2名と肉腫1名)を対象とする安全性検証の結果であり、癌療法としての効用を判定するには至っていない。研究グループは、TCRα (TRAC)、TCRβ (TRBC)およびPD-1 (PDCD1)を標的とするCRISPR/Cas9-sgRNAにより編集を加えたT細胞に、癌細胞に特異的な抗原NY-ESO-1に対するTCRをレンチウイルスで導入し、これをNYCE T細胞と称した。

 NYCE T細胞を1億個投与すると、それが10-100倍に増加し、ゲノム編集を加えた細胞は観察した期間9ヶ月間細胞死することなく存在し続けた。ゲノム編集T細胞が腫瘍細胞を殺傷するか否かの検証実験は進行中であり、本年中に結果を公表する予定である。

 中国で先行していた浙江省腫瘤医院によるCRISPR/Cas9によるPD-1ノックアウトT細胞による食道癌治療の治験 [5]については、不成功に終わったという報道 [6]がされたまま、科学的報告が出された様子が無い。また、ペンシルベニア大学では、1990年代に遺伝子治療の治験においてその後の遺伝子治療の氷河期を招く結果をもたらした[7]。こうした背景のもとペンシルベニア大学は、CRISPR遺伝子治療の治験を3人という小規模なコホートでの安全性検証から進め始めたとも思われる。

[本稿参考文献および関連する治験情報およびcrisp_bio記事]
  1. 2019-04-18 ペンシルベニア大学のCRISPR編集CAR-T療法の第1相試験始まる; NCT03399448: NY-ESO-1-redirected CRISPR (TCRendo and PD1) Edited T Cells (NYCE T Cells)
  2. 口頭/ポスター発表 49 First-in-Human Assessment of Feasibility and Safety of Multiplexed Genetic Engineering of Autologous T Cells Expressing NY-ESO -1 TCR and CRISPR/Cas9 Gene Edited to Eliminate Endogenous TCR and PD-1 (NYCE T cells) in Advanced Multiple Myeloma (MM) and Sarcoma. Stadtmauer EA et al. American Society of Hematology Annual Meeting 2019.
  3. CRISPR Approach To Fighting Cancer Called 'Promising' In 1st Safety Test. Stein R. NPR Newscast. November 6, 20199:01 AM ET 
  4. Crispr Takes Its First Steps in Editing Genes to Fight Cancer. Grady D. NYT Nov. 6, 2019 Updated 4:55 p.m. ET 
  5. NCT03081715: PD-1 Knockout Engineered T Cells for Advanced Esophageal Cancer
  6. Chinese Gene-Editing Experiment Loses Track of Patients, Alarming Technology’s Inventors. Rana R, Dan W. Wall Street Journal. Dec. 28, 2018 6:00 am ET
  7. 2017-10-25 FDA、疾患の病因である遺伝子変異を標的とする遺伝子治療を初承認へ