6. 低分子で活性型Cas9を再構成するスプリット型CRISPR-Cas9システムに関する特許
[出典] [PATENT] US20190330605 A1 CRISPR-Cas systems and methods for altering expression of gene products, structural information and inducible modular Cas enzymes.
  • 公開日 2019-10-31; 発明者 Zhang F, Zetsche B; 権利者 Broad Inst. MIT
  • [関連論文] A split-Cas9 architecture for inducible genome editing and transcription modulation. Zetsche B, Volz SE, Zhang F. Nat Biotechnol. 2015-02-02.
  • [参考crisp_bio記事] 化学誘導性CRISPR/Cas9システム関連crisp_bio記事:CRISPRメモ_2019/08/05 [第1項] [ミニレビュー] 低分子でCRISPR/Cas の活性を制御する (Figure 1参照)
7. 抗-CRISPRタンパク質AcrIIA5は、ゲノム編集に利用されているCas9のホモログ全てを強力に阻害する
[出典] Anti-CRISPR AcrIIA5 Potently Inhibits All Cas9 Homologs Used for Genome Editing. Garcia B [..] Maxwell KL, Davidson AR. Cell Rep. 2019-11-12
 University of Toronto、UMass Medical Schoolなどの研究グループは今回、タイプII-AとタイプII-CのCRISPR-Casシステムに抗するタンパク質 (Acrs)の中で、Streptococcus thermophilus phage D427由来のAcrIIA5が、タイプII-AのSpyCas9とSauCas9、および、タイプII-CのNme1-, Cje, Hpa, Kla, Geo-, Cdi-およびBoe-Cas9を阻害することを見出した。また、研究グループは、AcrIIA5がsgRNAをin vivoで切断することに加えて、sgRNAをCas9から部分的に遊離させることを示唆した。

8. 簡便な装置で電気泳動からの定量化よりもハイスループットなDNA切断定量法
[出典] Medium-throughput in vitro detection of DNA cleavage by CRISPR-Cas12a. Creutzburg SCA, Swartjes T, van der Oost J. Methods. 2019-11-11.
 標的DNAの両端を蛍光色素とビオチンで標識し、Cas12aで編集後、ビオチン標識されているDNAを溶液から磁性ストレプトアビジンビーズで除去し、残されている蛍光色素からの蛍光を測定する手法を開発した (Figure 1引用下図参照)。Medium-throughput
この手法は、CRISPR-CasヌクレアーゼをはじめとするDNAアーゼによるDNA切断の定量に利用可能であるが、一般に環境が複雑なin vivoでのDNA切断を精密に反映するには至らないことに注意が必要である。

9. [レビュー] CRISPR/Casシステム:作物のゲノム編集の最近動向と将来展望
[出典] [REVIEW] CRISPR/Cas System: Recent Advances and Future Prospects for Genome Editing. Manghwar H, Lindsey K, Zhang X, Jin S. Trends Plant Sci. 2019-11-11
 華中農業大学とDurham Universityの研究者が、主要な作物のゲノム編集の観点からレビュー:ゲノム編集技術の概観;SpCas9に続くCRISPR/Casシステム (改変型Cas9 (spCas9-NG; xCas9), BE (塩基編集), Cas12a (Cpf1), Cas13, Cas14, C2c1);CRISPR/Casシステムにより誘導した変異のスクリーニング法 (qPCR, T7EI, 高解像度融解分析, Hi-TOM, WGS); CRISPR/Casシステムによる多様な植物のゲノム編集 (標的変異, 多重ゲノム編集); CRISPRi/aによる遺伝子発現調節; エピゲノム編集; 遺伝子置換とノックイン課題と展望 (複雑なゲノムへの対応, CRISPRシステムの小型化, PAMによる制限回避, 組織培養の回避, HDR効率向上, オフターゲット回避, スクリーニングの効率化)