(創薬等PF・構造生命科学ニュースウオッチ 2017/01/02) CRISPR関連文献メモ_20170102

  • Corresponding authors: Martine H. van Miltenburg; Jos Jonkers (The Netherlands Cancer Institute)
  • 遺伝子改変癌マウスモデル(Genetically engineered mouse models: GEMMs)は癌移植モデルマウスよりも優れている。GEMMsは、ヒト癌の病理組織学的特徴や分子的特徴をよく再現し、遺伝的多様性を呈し、自発的に転移する。43810001

  • “Speeding up and fine-tuning mouse cancer modeling”の章で、ESCによるモデル、in vivo RNAiによるモデルに続く一節にて、CRISPR/Cas9技術によるモデルをレビューし、GEMMsの癌基礎研究の章で、ESC-CRISPR/Cas9によるハイスループットでの癌遺伝子スクリーンの応用例を紹介。

レビュー→Kelly Kersten et al. "Genetically engineered mouse models in oncology research and cancer medicine." EMBO Mol. Med.  (2017) 9, 137-153. Published online 2016 December 27.