1. [特許] Cas13a (2c2)による植物改変に関する特許
[出典] [PATENT] US20190352652A1 CRISPR-system for modifying trait of interest in a plant.
2. [特許] 植物および植物細胞にジェミニウイルス耐性をもたらすCas, Cpf1またはNgAgoヌクレアーゼ
[出典] [PATENT] US0190352653A1 Conferring resistance to geminiviruses in plants in alternative manner to gene drive, using CRISPR/Cas systems.
  • 公開日 2019-11-21;発明者 Hummel A, Bartlem DG. 権利者 KWS Saat 
3. 四倍体ゲノムを帯びたジャガイモの効率的CRISPR/Cas9遺伝子編集を実現
[出典] High efficacy full allelic CRISPR/Cas9 gene editing in tetraploid potato. Johansen IE [..] Petersen BL. Sci Rep. 2019-11-27
 University of Copenhagenを主とする研究グループは今回、CRISPRシステムのコンポーネントをドライブするプロモーターを、シロイヌナズナのU6からジャガイモ内在U6に変更することで、顆粒結合デンプン合成酵素 (granule-bound starch synthase, GBSS)遺伝子の高効率な編集をプロトプラストのレベルで実現した。この結果は、外植片レベルで、全アレルの35%の編集へと反映された。
 また、U. Copenhagenで開発されていたIndel Detection Amplicon Analysis (IDAA) が、ジャガイモのような複雑なゲノムにおける遺伝子編集の結果を評価するに効果的な手法であることを示した。こうして、ゲノム編集から目的とした編集が起こった個体の再生までの効率化が実現した。

4. CRISPR-Cas9で改変したファージによる黄色ブドウ球菌感染症の治療
[出典] CRISPR-Cas9 modified bacteriophage for treatment of Staphylococcus aureus induced osteomyelitis and soft tissue infection. Cobb LH [..] Priddy LB. PLoS One. 2019-11-22. <- bioRxiv. 2019-07-17. 
 [crisp_bio注] bioRxiv投稿バージョンを、2019-07-18「CRISPR-Cas9で改変したファージによる黄色ブドウ球菌感染症の治療」にて紹介、下図はbioRixvとPLos Oneのアブストラクト比較結果bioRxiv-PLoS
5.  [ハイライト] CRISPR/Cas9技術で、見捨てられてきた放線菌ライブラリに隠されていた抗生物質合成力を発掘する
[出典] [SPOTLIGHT] Unearthing Hidden Chemical Potential from Discarded Actinobacterial Libraries. Timmermans ML, Ross AC. Trends Biotechnol. 2019-11-27.
 "Hidden antibiotics in actinomycetes can be identified by inactivation of gene clusters for common antibiotics. Culp EJ, Yim G [..] Wright GD. Nat Biotechnol. 2019-09-09"をハイライト;関連crisp_bio記事 2019-09-10 CRISPR-Cas9 KOを介して、放線菌株が帯びている多重な抗生物質生産能力を引き出す

6.反芻動物のブルセラ症に抗するCRISPR/Cas9システムを開発
[出典] Development of a CRISPR/Cas9 system against ruminant animal brucellosis. Karponi G [..] Papanikolaou E,  Petridou E. BMC Vet Res. 2019-11-27
 Aristotle University of Thessaloniki, University of Athensなどの研究グループは今回、モデル系として羊のマクロファージにB.melitensisを感染させ、BrucellaのRNAポリメラーゼサブユニットA (RpolA)または病原性に関する遺伝子virB10を標的とするCRISPR/Cas9レンチウイルスベクタをMOI 60で導入し、前者にてB.melitensisが顕著に減少することを示した。