1. [レビュー] CRISPR/Cas9遺伝子編集を介してCAR-T細胞による癌療法次世代へ
[出典] CRISPR/Cas9 technology: towards a new generation of improved CAR-T cells for anticancer therapies. Ureña-Bailén G [..] Mezger M. Brief Funct Genomics. 2019-12-17
 University of Tübingenの研究グループによるレビュー  [crisp_bioの環境で閲覧可能なアブストラクトに具体的な記述なし]

2. [特許公開] CAR-T療法への応用
[出典] US20190365809A1/US20190365808A1 Materials and methods for engineering cells and uses thereof in immuno-oncology.
 公開日 2019-12-05; 発明者 Terrett JA, Kalaitzidis D, Klein L; 権利者 CRISPR Therapeutics

3. [特許公開] H1プロモーターによるCRISPR gRNAs発現に基づくCRISPR/Cas9遺伝子編集
[出典] US20190365928A1 Compositions and methods for the expression of CRISPR guide RNAs using the H1 promoter.
  • 公開日 2019-12-05;  発明者 Jaskula-Ranga V, Zack D; 権利者 Johns Hopkins University
  • 関連論文:U6プロモーターをH1プロモータに変えることで、GN19NGGに加えてAN10NGGサイトも標的可能になる;Expansion of the CRISPR-Cas9 genome targeting space through the use of H1 promoter-expressed guide RNAs. Ranganathan V, Wahlin K, Maruotti J, Zack DJ. Nat Commun. 2014 Aug 8;5:4516. 
4. [レビュー] CRISPR療法の戦略
[出典] [REVIEW] Strategies for the CRISPR-Based Therapeutics. Li B, Niu Y, Ji W, Dong Y. Trends Pharmacol Sci. 2019-12-17. 
 曁南大学第2臨床医学院、 昆明理工大学ならびにOhio State Universityの著者によるレビュー:Table 1にCas9とCas12aを利用したClinicalTrials.gov登録臨床試験のリスト(2019年11月時点)あり

5. CRISPR/Cas9でヒストン脱アセチル化酵素1 (HDAC10)をノックアウトすると、シャペロンを介したオートファジー (Chaperone-mediated autophagy: CMA)が活性化し、CMA基質の分解が亢進する
[出典] Histone deacetylase 10 knockout activates chaperone-mediated autophagy and accelerates the decomposition of its substrate. Obayashi H, Nagano Y, Takahashi T, Seki T, Tanaka S, Sakai N, Matsumoto M, Maruyama H. Biochem Biophys Res Commun. 2019-12-17
 広島大学を主とする研究グループは、CMAとの関わりが明確ではなかったHDAC10がCMAの調節に関与することを、CRISPR/Cas9により作出したHDAC10ノックアウトHeLa細胞にて、同定した。

6. CRISPR/Cas9によりRSAD2遺伝子ノックイン・ブタを作出し、豚コレラウイルス感染を抑制
[出典] Generation of pRSAD2 gene knock-in pig via CRISPR/Cas9 technology. Xie Z [..] Ouyang H. Antiviral Res. 2019-12-17
 吉林大学の研究グループは今回、ブタ腎由来PK-16細胞株とブタ胎仔線維芽細胞のROSA26遺伝子座(pROSA26)に、ブタのインターフェロン誘導性遺伝子RSAD2をCRISPR/Cas9によりノックインすることで、pRSAD2の発現亢進を実現し、 続くウイルス感染実験により、豚コレラウイルス (CSFV)と仮性狂犬病ウイルス (PRV)の感染が抑制されることを同定した。また、pRSAD2ノックイン・ブタを作出し、pRSAD2の発現亢進と、その線維芽細胞においてCSFV感染が低減することを同定した。 

7. Foxtail mosaic virus ベクターによりCas9, sgRNAおよびRNAiサプレッサーp19を同時送達することで、効率的な植物遺伝子編集を実現
[出典] An RNAi suppressor activates in planta virus–mediated gene editing. Zhang X [..] Hong Y.Funct Integr Genomics. 2019-12-18.
 杭州師範大学がNicotiana benthamianaで実証

8. 六倍体植物であるマチク (Dendrocalamus latiflorus Munro)のCRISPR/Cas9ゲノム編集を実現
[出典] Robust CRISPR/Cas9 mediated genome editing and its application in manipulating plant height in the first generation of hexaploid Ma bamboo (Dendrocalamus latiflorus Munro). Ye S [..] Zhou Q. Plant Biotechnol J. 2019-12-19. 
 竹は開花に70年を要することから通常の育種による品種改良は殆ど不可能である。福建農林大学を主とする研究グループは今回、CRISPR/Cas9による竹のゲノム編集を初めて実現した。編集第1世代で、フィトエン・シンターゼの全てのホモ・アレルおよび特定の1アレルを対象とする編集を実証し、また、ジベレリン応答遺伝子をノックアウトすることで、竹の高さを伸ばすことに成功した。
# 下図はGBIF Webサイトからキャプチャしたマチクの写真と分布図ma bamboo