[出典] Mathematical modeling of self-contained CRISPR gene drive reversal systems. Heffel MG, Finnigan GC. Sci Rep. 2019-12-27

 生物集団の遺伝子型を全て改変さらには絶滅にいたらしめる可能性をもった技術である遺伝子ドライブ(GD)を制御するシステムが多々提案されてきた。Kansas State Universityの研究チームは今回、外部刺激を、GDに組み込まれたヌクレアーゼの機能そしてまたは生物集団全体のフィットネスの調節機能へ変換するモデルを構想し、外部刺激で自己破壊のメカニズムを誘導するsgRNAを組み込んだGDの数理モデルを開発した。
 このモデルは進行中のGDの制御用に新たなGD個体を導入する必要がない自己完結型 (self-contained)である [Figure 3引用下図参照]。Gene Drive
遺伝子ドライブ一般向け解説WEB記事