1.  分割したdCas12aに, エフェクター, crRNAおよび抗-CRISPRを組合わせることで、多入力・多出力遺伝子回路を構築
[出典] Multiple Input Sensing and Signal Integration Using a Split Cas12a System. Kempton HR, Goudy LE, Love KS, Qi  LS. Mol Cell 2020-02-05. [crisp_bio追記 2020-02-16 NEWS: New CRISPR-based tool can probe and control several genetic circuits at once. Phys.org 2020-02-15]
  • Lei Stanley Qiのグループの成果:dCas12aを二分割し、自律的に二量化するように1対のロイシンジッパードメインをそれぞれに結合させたN末端-dCas12aとC末端-dCas12a、エフェクター、それにcrRNAを組合せることで2-, 3-および4-入力に応答するANDゲートと、抗-CRISPRによるNOTゲートを用意し、誘導可能なプロモータまたは細胞型特異的プロモーター、SynNotch [*1]やGPCR ChaCha [*2]、デグロン [*3]などを介した多入力を処理した上で、必要とされるサイトカインまたは抗体の生産、一連の遺伝子の発現調節、ゲノム編集などを可能とする遺伝子回路の設計を可能とした。
  • 実証実験では、低酸素とRRM2 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18587273プロモーターに応じてIFNγとIL2を生産する遺伝子回路、乳癌細胞を検出し免疫応答する遺伝子回路、を構築した。
 [引用crisp_bio記事]
  1. crisp_bio 2017-05-05 第4世代T細胞免疫療法へ - [Synthetic Notch (synNotch) 論文]
  2. CRISPRメモ_2017/12/27-2 [第9項] GPCRとCRISPR-dCasの共役により、細胞シグナル受容・変換器を人工合成
  3. 2019-04-28 タンパク質の細胞内高速分解法AIDのバージョンアップ
2. [プロトコル] CRISPR/Cas9によるブタPERVのゲノムワイド不活性化
[出典] Genome-Wide PERV Inactivation in Pigs Using CRISPR/Cas9. Güell M (Pompeu Fabra U). In: Costa C. (eds) Xenotransplantation. MIMB 2020-01-31
  • CRISPR-Cas9によるブタ内在性レトロウイルスの不活性化を報告したScience論文の共著者の一人Güell M (現 Pompeu Fabra U)によるプロトコル論文: crisp_bio 2017-08-12 ブタ臓器による移植医療の可能性を広げるCRISPRによる網羅的レトロウイルス不活性化
3. 除草剤に対する耐性をもたらすイネ遺伝子変異をBEでスクリーニング
[出典] A CRISPR‐Cas9‐mediated domain‐specific base‐editing screen enables functional assessment of ACCase variants in rice. Liu X [..] Wu D, Wei P. Plant Biotechnol J 2020-01-27
  • 安徽農業大学と安徽省農業科学院の研究グループは今回、アセチルCoAカルボキシラーゼ (Acetyl-CoA carboxylase, ACCase)を阻害する市販除草剤に対して、イネのAACaseにおけるカルボキシル基転移酵素 (CT)ドメインを標的とするBE3とCDAに基づくbase editorおよびABEの3種類のBase Editorに基づくスクリーニングから、I1879V変異が耐性をもたらすことを同定した。
  • [関連crisp_bio記事] crisp_bio 2018-06-10 Base Editor (BE)による植物遺伝子編集拡がる
4. [ビデオプロトコル] マウス初代舌上皮細胞にAAVにてCre誘導性Cas9を導入し、KRAS、p53およびAPCに変異を誘導することで頭頸部癌細胞株を樹立
[出典] In Vitro Establishment of a Genetically Engineered Murine Head and Neck Cancer Cell Line using an Adeno-Associated Virus-Cas9 System. Prasad M, Jagadeeshan S, Scaltriti M, Allon I, Elkabets M. J Vis Exp 2020-01-09.

5. Floxed-Cas9をノックインしたマウスにAAV8-Creを局所的に形質導入することでCas9を活性化させ、新生仔マウスと成体マウスの内耳蝸牛殻における安全かつ効率的な遺伝子編集を実現
[出典] Adeno-associated virus vector enables safe and efficient Cas9 activation in neonatal and adult Cas9 knockin murine cochleae. Kang W [..] Tao Y, Wu H. Gene Ther 2020-01-30

6. p53結合部位を標的とするプール型CRISPRスクリーンにより、DNA損傷に応答して細胞増殖そしてまたは細胞周期アレストに影響を及ぼすp53結合調節因子を同定
[出典] Identification of functional regulatory elements in the human genome using pooled CRISPR screens. Borys SM, Younger ST. BMC Genomics 2020-01-31. 
  • Broad InstituteとChildren's Mercy Kansas Cityの研究チームは、標題の成果に加えて、CRISPRiとCRISPRkoの2種類の手法を比較し、両者のスクリーニング結果の重なりは最小限であり、また、CRISPRi (dCas9-KRAB)によるスクリーニング結果が、これまでの生物学の知見により整合することを見出した。
 [CRISPRによるエンハンサー同定関連crisp_bio記事]
  • CRISPRメモ_2018/08/23 [第1項] 癌遺伝子活性化誘導早期老化癌遺伝子活性化誘導早期老化を調節するエンハンサー同定 (AP1が結合する398領域からFOXF1の発現を調節するエンハンサー因子を同定)
  • CRISPR関連文献メモ_2016/01/16 [第2項] CRISPR/Cas9による非コード領域を対象とするゲノムワイド・スクリーニング (p53が結合する685領域からCDKN1A上流のエンハンサー因子を同定)