1. Fast-HDRシステム: CRISPR技術によるノックイン細胞株作出を迅速にする多用途ベクターシステムを開発
[出典] A Versatile Vector System for the Fast Generation of Knock-in Cell Lines with CRISPR. Perez-Leal O, Nixon-Abell J, Barrero CA, Gordon J, Rico MC. bioRxiv 2020-02-06
  • Temple Universityの研究グループが、HDRに利用するドナーDNAテンプレート用プラスミドの構築期間を~21日から1日に短縮し、CRISPR/Cas9 HDRを介して目的とするタグを導入した細胞株の樹立期間を~8週間から15日未満まで短縮;ホモ型タギングと3重までの多重タギングも実現
2. Crackling: コンセンサス・ベースの高速かつ高精度なgRNA設計法
[出典] Faster and better CRISPR guide RNA design with the Crackling method. Bradfor J, Chappell T, Perrin D. bioRxiv 2020-02-15
  • Queensland University of Technologyの研究チームが、3種類のgRNA設計支援プログラム (mm10dbsgRNA Score2.0およびCHOPCHOP)のコンセンサスと、Inverted Signature Slice Listsに基づくオフターゲットスコアリングを組み合わせたCracklingにより、12種類のゲノム (375 - 9,965メガベースの規模)を対象に最適なsgRNAs (目的とする部位の切断活性を最大限に、オフターゲット切断を最小限にするsgRNAs)を、従来法よりも短時間で設計
3. ゼブラフィッシュにおけるCRISPR/Cas9による細胞系譜追跡に向けたバーコーディング用内在サイトを同定
[出典] Defining endogenous barcoding sites for CRISPR/Cas9-based cell lineage tracing in zebrafish. Ye C [..] He X. J Genet Genom 2020-02-07
  • 中山大学の研究チームが、ほとんどの細胞型で高発現し、細胞系譜追跡のバーコーディングに利用可能なサイト78ヶ所を同定し、バーコーディング用の配列の外部からの導入を不要にした。これらのサイトを通常のscRNA-seqのプラットフォームで分析することで細胞型と細胞系譜関連データの同時獲得を実現。
4. sgRNA前駆体の5'末端のオーバーハングがCas9の触媒活性を阻害する
[出典] Native ribonucleases process sgRNA transcripts to create catalytic Cas9/sgRNA complexes in planta.  Cody WB & Scholthof HB. bioRxiv 2020-02-06
  • Texas A&M Universityの研究チームが標題をはじめて同定し、また、 植物では内在の5'-3 'エキソリボヌクレアーゼ (XRN1)によって、そのオーバハングが処理されることで、Cas9の触媒活性が維持されることを同定;XRN1は成熟型sgRNAsの5'末端はプロセスしない。
5. Scienceイタ誌のINDEPTH: ペンシルベニア大学のCRISPR/Cas9遺伝子編集を利用するCAR-T療法 [*]
[出典] [IN DEPTH] CRISPR takes on cancer.  Couzin-Frankel J. Science 2020-02-07
  • [*] 2020-02-07 CRSIPR-Cas9の多重遺伝子KOを介したCAR−T細胞、第I相試験で安全性実証、効用についてはこれから
6. CRISPR/Cas9とssODNを介したHDRによりヒト角膜ジストロフィーの病態を再現するTGFBI-R124C変異モデルマウスを作出
[出典] Generation of mouse model of TGFBI-R124C corneal dystrophy using CRISPR/Cas9-mediated homology-directed repair. Kitamoto K, Taketani Y [..] Usui T, Ouchi Y. Sci Rep 2020-02-06
  • 東大、千葉大、日大、東京医科大などの研究グループ; ホモ型変異 80%, ヘテロ型変異 9.1%; 40週齢で角膜混濁など
  • 角膜に、アミロイド沈着は見られず、ホモ型変異でTGFBI変異タンパク質が蓄積
7. CRISPR/Cas9により飼料作物ライグラスへの標的遺伝子への変異導入を実現
[出典] Targeted Mutagenesis in Ryegrass (Loliumイタ spp.) Using the CRISPR/Cas9 System. Zhang Y [..] Gao C. Plant Biotechnol J. 2020-02-15
  • 中国科学院の微生物研究所と遺伝学・発生生物学研究所およびAarhus University (デンマーク)などの研究グループが、その配偶体自家不和合性ゆえにこれまで多大な手間、時間および経費を要していたライグラスの品種改良を、CRISPR/Cas9により効率化することが可能なことを示した。
8. 芳香族炭化水素受容体が、スフィンゴ脂質のレベルを上方制御する
[出典] A genome-wide CRISPR/Cas9 screen reveals that the aryl hydrocarbon receptor stimulates sphingolipid levels. Majumder S [..] Proia RL. JBC 2020-02-06
  • HeLa細胞における志賀毒素に対するゲノムワイドCRISPR/Cas9機能喪失スクリーンにより、リガンド活性化型転写因子である芳香族炭化水素受容体が、スフィンゴ脂質のレベルの上方制御し、ひいては軸索のミエリン化に貢献することを同定
9. [レビュー] マルチ・オミックスにCRISPRゲノム編集技術を融合することで、食品関連微生物の研究を促進
[出典] Combining omics technologies with CRISPR-based genome editing to study food microbes. Pan M, Barrangou R. Curr Opin Biotechnol 2020-02-05
  • プロバイオティクスの効用とストレス抵抗性の向上; 生物学的製剤としてのプロバイオティクス; 食品微生物のサーベイランス;  CRISPRゲノム編集の可能性; マルチ・オミックスからの知見に基づくCRISPRゲノム編集
10. [レビュー] アフリカツメガエルとヒメアカタテハのCRISPR遺伝子ノックアウトをテーマとする学部学生のイマージョン (immersion)科学教育
[出典] Bringing immersive science to undergraduate laboratory courses using CRISPR gene knockouts in frogs and butterflies. Martin A, Wolcott NS, O'Connell LA. J Exp Biol 2020-02-07
  • George Washington UniversityとStanford Universityの研究グループの教育経験に基づき、CRISPR技術の理解ならびに仮説に基づく研究を体得させることを目的とした学部学生向けコースをレビュー: 発生過程に関与する候補遺伝子について、機能の仮説を立て、CRISPR/Cas9によりノックアウトし、モザイク変異動物のフェノタイピングを経験