1. E. coliのタイプI-E CRISPR-Casシステムにおけるプライム型 [*]スペーサ獲得の分子機序の詳細明らかに
[出典] Characterization of Primed Adaptation in the Escherichia coli type I-E CRISPR-Cas System. Stringer AM [..] Wade JT. bioRxiv 2020-02-12
  • Wadsworth Center (ニューヨーク州)の研究グループが、Cas3を含む複合体が、ゲノムDNA上をCascadeの結合サイトから長い距離 (> 100 kb)を移動し、その間、全てのAAGまたはその近傍で切断し、Cas1-2がCRISPRアレイにスペーサとして取り込む断片が生成されるとした。
  • [*] Molecular memory of prior infections activates the CRISPR/Cas adaptive bacterial immunity system. Datsenko KA, Pougach K, Tikhonov A, Wanner BL, Severinov K, Semenova E. Nat Commun 2012-07-10. (Figure 5から、プラム型とナイーブ型のスペーサ獲得の模式図を下図に引用、それぞれ、a と c を参照)203af935
  • [関連記事] crisp_bio 2019-10-11 タイプ I-E/F CRISPR Casシステムのプライム型アダプテーション過程で生成されるスペーサー前駆体を検出
2. DNA依存性プロテインキナーゼ (DNA-PK)を一時的に阻害することで、CRISPR-Cas9による遺伝子削除を亢進
[出典] Enhancing CRISPR deletion via pharmacological delay of DNA-PK. Bosch N [..] Johnson R. bioRxiv 2020-02-13
  • University of Bernの研究グループは、NHEJ過程の初期段階で一時的にDNA-PKを阻害して、DNA-PKの作用を遅らせることで、CRISPR-Cas9 KOを17倍まで亢進した。
  • この効果は、標的細胞株、遺伝子デリバリー法、阻害剤およびgRNAsの影響を受けず、gRNAのレンチウイルスライブラリを利用するプール型機能スクリーニングにも展開可能である。
3. 失敗に終わることが多いCRISPR/Cas9ノックアウト実験の改善法
[出典] An improved strategy for CRISPR/Cas9 gene knockout and subsequent wildtype and mutant gene rescue. Jin J [..] Song S, Ajani JA. PLoS One 2020-02-13. 
  • University of Texas MD Anderson Cancer Centerの研究グループが、レンチウイルスベクター (すなわち、CRISPR/Cas9プラスミド)に蛍光マーカmOrange (可視化)とピューロマイシン耐性遺伝子 (簡便なセレクション)を組み込むことで、安定した標的遺伝子ノックアウト細胞を効率よく選別する手法を開発し、胃癌細胞株のAGSとGT5において、RhoA, Gli1, およびGalのノックアウト細胞株を樹立し、続いて、野生型遺伝子と変異遺伝子のレスキュー実験も実現した。
4. CRISPR/Cas9 HITI法 [*]によるノックイン技術を介して生細胞のマルチモーダルな可視化を実現
[出典] A Safe Harbor-Targeted CRISPR/Cas9 Homology Independent Targeted Integration (HITI) System for Multi-Modality Reporter Gene-Based Cell Tracking. Kelly JJ [..] Ronald JA. bioRxiv 2020-02-12.
  • University of Western Ontarioの研究グループが、 CRISPR/Cas9 HITI MC (ミニサークル) システムを介してセーフハーバに、蛍光分子、生物発光分子およびMRI造影レポーター遺伝子 (Oatp1a1)を組み込むことで、標題を実現した。
  •  [*] crisp_bio 2019-08-30 HITI法からSATI法へ進化 - 早老症モデルマウスの点変異修復
5. Heidelberg CRISPR Fly Design Library’ (HD_CFD library)
[出典] "A large-scale resource for tissue-specific CRISPR mutagenesis in Drosophila" Port F [..]  Boutros M. eLife 2020-02-12
  • CRISPR/Cas9により組織特異的変異を誘導したショウジョウバエ1,700変異系統のライブラリを構築
  • 2019-05-13のbioRxiv投稿時 [*]の1,264遺伝子を標的とするsgRNAsペアを帯びた1,428系統の規模から、eLife論文では1,700系統の規模へと拡大; Vienna Drosophila Resource Cente (https://stockcenter.vdrc.at/control/main)のHeidelberg CFD CRISPR Library [HD-CFD]のメニューから検索・入手可能
  •  [*] CRISPRメモ_2019/05/15 #2 組織特異的CRISPR変異誘発実験の基盤となるショウジョウバエ・ライブラリを構築
6. [特許公開] 新奇な抗-CRISPR (Acr)の遺伝子とタンパク質、および、そのCRISPR-Casシステムの制御を介したバイテク応用
[出典] US20200040328A1. Novel anti-CRISPR (Acr) genes and proteins and methods of use.
公開日 2020-02-06; 発明者 Fremaux C, Horvath P, Romero DA, Moineau S, Hynes A, Rousseau G; 権利者 DuPont Nutrition & Biosciences, Université Laval (Quebec)
86種類のAcrの配列が列挙されている ; Acrsの同定法を含む
[関連記事] crisp_bio 2019-10-09 抗-CRISPRタンパク質AcrIIA6は、Cas9をアロステリックに阻害する; CRISPRメモ_2018/07/26 [#2] 毒性バクテリオファージの広範な抗-CRISPRタンパク質が、一連のCas9タンパク質を阻害する

7. CRISPR/Cas9を介してメタノール資化酵母Pichia pastorisの転写活性化因子MXR1の機能を解析
[出典] Targeted editing of transcriptional activator MXR1 on the Pichia pastoris genome using CRISPR/Cas9 technology. Hou C, Yang Y [..] Bai Z. Yeast 2020-02-12
  • 江南大学にWuxi Sinosbio Biomedical Technologiesが加わった研究グループが、Mxr1遺伝子のS215への変異誘発実験により、AOX1, DAS1, DAS2AOX5の転写制御機構の多様性を同定
8. [レビュー] CRISPR-Cas9技術の婦人科がんの研究への応用 
[出典] Applications of CRISPR-Cas9 in gynecological cancer research. Zhang W [..] Wang H. Clin Genet 2020-02-10
  • 華中科技大学同済医学院の研究グループが、子宮頸癌、卵巣癌および子宮内膜癌の研究や診断におけるCRISPR-Cas9技術の利用例をレビューし、課題と将来展望を論じた。
9. [レビュー] CRISPR-Cas9技術の敗血症研究への応用
[出典] Application of CRISPR/Cas9 technology in sepsis research. Wu M, Hu N, Du X, Wei J. Brief Funct Genomics 2020-02-10
  • 武漢大学などの研究チームが、CRISPR/Cas9システムの利点と限界、敗血症研究への応用、および治療戦略をレビュー
10. [レビュー] クラス2 CRISPR-Cas技術の最新動向
[出典] The rapidly advancing Class 2 CRISPR-Cas technologies: A customizable toolbox for molecular manipulations. Wang J, Zhang C, Feng B. J Cell Mol Med 2020-02-10
  • 香港中文大学などの研究チームが、タイプII (Cas9), タイプV (Cas12), タイプVI (Cas13)からBase Editorに至る技術とその利用をレビュー
11.  Perspectives in Biology and Medicine CRISPR特集号から
[出典] Perspectives in Biology and Medicine Volume 61, Number 1, Winter 2020 Edited by Neal Baer
  1. pp.   1- 13  Introduction to the Special Issue on CRISPR. George Q. Daley.
  2. pp.  14- 27 Commentary: Code Dread? Neal Baer.
  3. pp.  28- 43 How We Got to CRISPR: The Dilemma of Being Human. Rosemarie Garland-Thomson.
  4. pp.  44- 53 Focusing on Human Rights: a framework for CRISPR germline genome editing ethics and regulation. Kevin Doxzen, Jodi Halpern.
  5. pp.  54- 65 Who Goes First? Deaf People and CRISPR Germline Editing. Carol Padden, Jacqueline Humphries.
  6. pp.  66-72 Billy Idol. Ethan J. Weiss. 
  7. pp.  73- 92 CRISPR Cautions: Biosecurity Implications of Gene Editing. Rachel M. West, Gigi Kwik Gronvall.
  8. pp. 93-100 Who's Afraid of the Big Bad (Germline Editing) Wolf? R. Alta Charo.
  9. pp. 101-110 Clinical Germline Genome Editing: When Will Good be Good Enough? Helen C. O'Neill.
  10. pp. 111-125 Playing it Safe? Precaution, Risk, and Responsibility in Human Genome Editing. Sarah Chan.
  11. pp. 126-140 Genome Editing and Human Reproduction: The Therapeutic Fallacy and the "Most Unusual Case" Peter F. R. Mills.
  12. pp. 141-154 Shaping the CRISPR Gene-Editing Debate: Questions About Enhancement and Germline Modification. Josephine Johnston.
  13. pp. 155-176 CRISPR's Twisted Tales: Clarifying Misconceptions about Heritable Genome Editing. Marcy Darnovsky, Katie Hasson.
  14. pp. 177-194 Imperatives of Governance: Human Genome Editing and the Problem of Progress. J. Benjamin Hurlbut.
  15. pp. 195-206 The Existential Dimension to Aging. Tim Morris.
  16. pp. 207-217 "Lost Your Superpower"? Graphic Medicine, Voicelessness, and Georgia Webber's Dumb. Sathyaraj Venkatesan, Diptarup Ghosh Dastidar.