[出典] "Treatment of a Mouse Model of ALS by In Vivo Base Editing" Lim CKW [..] Perez-Pinera P, Gaj T. Mol Ther 2020-01-14

 先行研究 [1]においてABEの分割デリバリーを実現したUniversity of Illinois at Urbana-ChampaignのP. Perez-Pineraらは今回、CBEをABE分割と同様な手法で分割することでAAVでのデリバリーを実現し、遺伝性ALSの病因の20%を占める変異型SOD1遺伝子 [2]を恒久的に不活性化することに成功した。
  • このスプリット型CBEを、in vitroで検証後に、変異型SOD1遺伝子 (G93A-SOD1)を帯びたALSモデルマウスに脊髄内投与し、筋萎縮や体重減が抑制され、 神経筋の機能が向上し、後期および末期の症状が現れるまでの期間が85%延び、全生存率も向上することを、確認した。
  • 今回のCBEは、変異型のSOD1遺伝子に特異的に、転写開始点近傍にストップコドンを誘導することで、G93A-SOD1遺伝子を不活性化する設計であった。
[参考資料]
  1. crisp_bio 2019-11-23 CRISPR-SKIP:ABEを分割することでAAV送達を実現し、in vivoエクソンスキッピング療法へと向かう [inteinを使ったABEの分割について下図参照]ABE split
  2. crisp_bio 2018-07-14 スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)と小胞体膜タンパク質 Derlin-1の相互作用は家族性ALS治療の標的である