1. [ハイライト] 機能ゲノミクス、Cas9単独から、Cas9とCas12aの組み合わせやRNAを標的とするCas13aへと拡がる
[出典] RESEARCH HIGHLIGHT "CRISPR screens beyond Cas9" Burgess DJ. Nat Rev Genet 2020-03-31; 以下の2本のcrisp_bio記事で取り上げた論文をハイライト
  • crisp_bio 2020-03-19 Cas9-Cas12aハイブリッド・プラットフォームを開発し、遺伝子ペアと選択的エクソンの機能を同定
  • crisp_bio 2020-03-19 Cas13dによるRNAノックダウンに最適なcrRNAsを超並列スクリーン結果に基づく機械学習モデルにより設計
2. SpCas9とその改変体3種類 (Cas9-VQR, xCas9, Cas9-NG), SaCas9およびFnCas9とそれぞれのPAMとの結合親和性を、蛍光標識したDNAへの競合結合をアッセイする"Cas9ビーコン"法を介して測定し、結合親和性とゲノム編集効率の間に正の相関を見出した
[出典] "Quantification of the affinities of CRISPR-Cas9 nucleases for cognate protospacer adjacent motif (PAM) sequences" Mekler V, Kuznedelov K, Severinov K. J Biol Chem 2020-04-01

3. Cas12aのコラテラルssDNA切断活性を利用して、ssDNAプローブに基づく超高感度核酸検出ツールが開発されてきたが、著者らは、蛍光標識したdsDNA群が、Cas12aの標的dsDNA結合時に無差別切断され、プローブとして利用可能なことを示した。
[出典] "Probing CRISPR-Cas12a Nuclease Activity Using Double-Stranded DNA-Templated Fluorescent Substrates" Smith CW [..] Yigit MV. Biochemistry 2020-04-01

4. [論説] CRISPR-Cas13aのコラテラル活性をグリオーマ細胞においても同定した論文を引用し、Cas9との比較および関連技術の発展を表1と図1にまとめた:
Cas13a Table Cas13a-Figure
[出典] EDITORIAL "CRISPR-Cas13a system: a novel approach to precision oncology" Zhang J, You Y. Cancer Biol Med Feb 2020

5. 光制御可能なケージドgRNAにより、CRISPR/Cas9ゲノム編集の時空間制御を実現 (下図Graphical abstract参照); in vitroで検証後、ゼブラフィッシュ胚 (1-2細胞期にCRISPRシステムをマクロインジェクション)からの個体までの発生過程において、Cas9編集活性の時空間制御が可能なことを実証
%22Photoswitchable
[出典] "Photoswitchable gRNAs for Spatiotemporally Controlled CRISPR-Cas-Based Genomic Regulation" Moroz-Omori EV [..] Stevebs MM. ACS Cent Sci 2020-04-01

6. チオール修飾を必要としない一段階金ナノ粒子バイオプローブの凍結調整法と、CRISPR技術に基づいた蛍光・ラテラルフローアッセイ診断ツールの開発
[出典] "Single-step, salt aging-free and thiol-free freezing construction of AuNP-based bioprobes for advancing CRISPR-based diagnostics" Hu M [..] Zhou X. J Am Chem Soc 2020-03-30

7. メタノール資化酵母において、エピソーマルベクターにてsgRNAを#デリバリーすることで、ゲノム編集効率100%と多重ゲノム編集、およびCRISPRiを実現; PAMとしてNGGの中でCGGを好む傾向
[出典] "High efficiency CRISPR/Cas9 genome editing system with an eliminable episomal sgRNA plasmid in Pichia pastoris" Yang Y [..] Bai Z. Enzyme Microb Technol 2020-04-01