1. Siksnysグループ、76種類のCas9オーソログの多様な特徴を明らかに
  • 3種類のタイプII (-A, -Bおよび-C)と系統解析からみえてきた10種類のクレイドをバランス良く代表するオーソログを選択し、無細胞系での生化学実験により、標的の切断やPAMを分析し、gRNA、PAM配列の組成と長さ、活性な温度域、など多様であることを見出した。
[出典] “Biochemically diverse CRISPR-Cas9 orthologs” Gasiunas G, Young JK [..] Robb GB, Venclovas Č, Siksnys V. bioRxiv 2020-04-30. [特許申請済]

2. [特許] レトロンを利用して細胞事象をCRISPRアレイに記録する法
  • 公開日 2020-04-16; 発明者 Shipman SL, Nivala JM, Church GM, Schubert M; 権利者 Harvard College
  • 関連crisp_bio記事 2017-04-22 CRISPRアレイを細胞のメモリーバンクに
[出典] Method of Recording Multiplexed Biological Information into a CRISPR Array Using a Retron. US20200115706 A1 

3. バクテリアゲノムへの点変異導入を、標的に対するミスマッチを帯びたsgRNAsを利用することで実現
  • 中央大学校 (ソウル)の研究チームは今回、CRISPR/Cas9によるE. coli galK遺伝子への2-から4-baseの変異導入効率が81-86%に達していたのに対して、点変異 (T504A または C578A)導入の効率が<3%に留まったことを、
  • 負の選択スクリーンにおいてミスマッチに寛容なCas9-sgRNAが「点変異が存在したにも関わらず、点変異が誘導されないsgRNAの標的」と見做してしまうことによると想定した。
  • 点変異導入標的に隣接する位置に1ヶ所のミスマッチを帯びたsgRNAを利用することで、T504A変異導入を最大95%の効率で実現した。
[出典] "CRISPR/Cas9-mediated pinpoint microbial genome editing aided by target-mismatched sgRNAs" Lee HJ. Kim HJ, Lee SJ. Genome Res 2020-04-23
[関連crisp_bio記事] 
CRISPRメモ_2018/04/01 #4.CRISPR-Cas9システムによりEscherichia coli BL21ゲノムに点変異を生成

4. カイコのゲノム編集システムとして、BE3がCas9に勝る
  • 西南大学に中国人民解放軍第三軍医大学が加わった研究グループによる評価:BE3では終止コドンの精密導入が可能; Cas9では染色体の転座、染色体断片の繰り返しと欠損が発生; Cas9とBE3は転写レベルとタンパク質レベルで遺伝子サイレンシング
[出典] "Comparative analysis of genome editing systems, Cas9 and BE3, in silkworms" Liu Y [..] Ma S, Xia Q. Int J Biol Macromol 2020-04-25

5. [レビュー] 塩基エディティング (BE): 拡張し続ける植物精密ゲノム編集のCRISPRツールキット
  • China National Rice Research Instituteの研究グループによるレビュー: CBE, ABE, RBE (C-to-U)の歴史 (Fig.1 引用左下図参照); 機構 (Fig.2 引用右下図参照);
Plant 1 Plant 2
  • 植物利用における4ステップ Fig. 3引用下図);  Plant 3
    応用例 (Table 1)
[出典] "Base Editing: The Ever Expanding Clustered Regularly Interspaced Short Palindromic Repeats (CRISPR) Tool Kit for Precise Genome Editing in Plants" Monsur MB [..] Tang S. Genes 2020--04-24

6. In Vivo CRISPR/Cas9によりX連鎖性網膜色素変性症モデルマウスの光受容体変性を緩和
  • 北京大学第三医院の研究グループは今回、Rpgr−/yCas9+/WTマウスに、sgRNAとドナーテンプレートをそれぞれAAVベクターで網膜下注射し、6ヶ月/12ヶ月で、注射部位に顕著な効果を確認
[出典] "In Vivo CRISPR/Cas9-Mediated Genome Editing Mitigates Photoreceptor Degeneration in a Mouse Model of X-Linked Retinitis Pigmentosa" Hu S, Du J, Chen N [..] Yang L. Invest Ophthalmol Vis Sci.2020-04-09

7. ヒトiPSC/ESCへのCRISPRa適用
内在PAX7転写因子をCRISPRaで活性化することで筋形成前駆細胞への分化を実現し、この前駆細胞がマウスに定着し、筋繊維が再生されることをDuke Uのグループが報告 (Graphical Abstract引用下図参照)PAX7
[出典] "Myogenic Progenitor Cell Lineage Specification by CRISPR/Cas9-Based Transcriptional Activators"  Kwon JB [..] Gersbach CA. Stem Cell Res 2020-04-23

8. アルブミン-トリプトリド (TP)複合体に対する薬剤耐性
膵癌細胞におけるゲノムワイドCRISPR-Cas9機能喪失実験から、GTF2H5の欠損によるTPの薬理学的作用機序の改変を介して、TP単独でもアルブミン-TP複合体に対しても耐性が発生することを明らかにした。
[出典] "Albumin-conjugated drug is irresistible by single gene mutation of endocytic system: Verification by genome-wide CRISPR-Cas9 loss-of-function screens" Yuan F, Sun M, Liu H, Qian F (清華大学). J Control Release. 2020-04-23

9. ヒトiPSC/ESCの効率的ゲノム編集をCas9 mRNAとcrRNA:tracrRNA二重鎖で実現
Yale U, U Helsinki, UC Riversideの研究グループが、プラスミドDNAとRNPデリバリに拠らずに、編集効率85%/両アレル編集効率76.5%を実現
[出典] "RNA-based CRISPR-Mediated Loss-of-Function Mutagenesis in Human Pluripotent Stem Cells" Leung AW [..] Lou YR. J Mol Biol 2020-04-24

10. CRISPR-Cas9 KO実験における多重化アンプリコンシーケンシグによるジェノタイピング支援Webツール
九工大, 広島大および基礎生物研究所の研究グループが、Cas9 RNPにより生成可能になった膨大なノックアウト・フェノタイプ (crispants)のジェノタイピングに必要な、プール型アンプリコン・シーケンシング・データの解析を支援するWebツールCLiCKARを開発 (下図画面キャプチャ参照)CliCKAR
[出典] "A simple and practical workflow for genotyping of CRISPR–Cas9‐based knockout phenotypes using multiplexed amplicon sequencing" Iida M [..] Suzuki KT, Fujii S. Genes Cells 2020-04-23