1. Cas12aにより超高感度でハイスループットなCOVID-19診断法を実現 (#CRISPRdx)
[出典] "Ultra-sensitive and high-throughput CRISPR-Powered COVID-19 diagnosis" Huang Z [..] Hu T, Ning B. Biosens Bioectron 2020-05-23
  • Tulane University School of Medicine/南昌大学の研究グループが、ウイルスゲノムをRT-PCRまたはRT-RPAで増幅し、ウイルスゲノムのN領域とORF1abを標的とするCas12aのコラテラル活性に基づくDETECTR流で蛍光発光で検出する (fluorescent detection system)ツールCRISPR-FDSを開発し、判定所要時間50分、検出限界2 copies/sampleを実現した。
  • 研究グループは、RT-RPAをベースにしたCRISPR-FDSのマイクロフリューディクス・デバイス開発に着手した。
2. [レビュー] RGENによる第1相試験に至るロングアンドワインディングロードを振り返る
[出典] [BenchMarks] RGEN Editing of RNA and DNA: The Long and Winding Road from Catalytic RNAs to CRISPR to the Clinic. Sullenger BA. Cell 2020-05-28
 RGENはRNA-guided endonucleaseの意、米国デューク大学のトランスレーショナル・リサーチセンターを2006年から2016年まで率いたBruce A. Sullengerが、1994年のリボザイムによる変異RNAの修復 [1]から、2018-2020にわたってCRISPR技術による癌遺伝子治療の第1相試験3件[2-4]の実現に至るまでの'ロングアンドワインディングロード'をまとめRGENによる遺伝子治療を展望した。
[参考文献]
  1. "Ribozyme-mediated repair of defective mRNA by targeted trans-splicing" Bruce A. Sullenger BA, Cech TR. Nature 1994-10-13
  2. "Phase I Trial of Intravenous Ad5CRT in Patients With Liver Metastasis of Gastrointestinal Cancers" Lee SJ [..] Kim HK. Cancer Gene Ther 2018-11-05
  3. 2020-02-07 CRSIPR-Cas9の多重遺伝子KOを介したCAR−T細胞、第I相試験で安全性実証、効用についてはこれから; "CRISPR-engineered T cells in patients with refractory cancer" Stadtmauer EA, Fraietta JA [..] Lacey SF, June CH. Science 2020-02-06
  4. 2019-09-12 CCR5ノックアウト造血幹細胞移植によるHIV療法の可能性; "CRISPR-Edited Stem Cells in a Patient with HIV and Acute Lymphocytic Leukemia" Xu L, Wang J, Liu Y, Xie L, Su B, Mou D, Wang L, Liu T, Wang X, Zhang B, et al. NEJM 2019-09-11
3. CRISPR-Cas9は、ノックアウトの標的としたmRNAに選択的スプライシングも誘導する
[出典] "CRISPR-Cas9 gene editing causes alternative splicing of the targeting mRNA" Zhang Q [..] Chen F. Biochem Biophys Res Commun 2020-05-24
  • Wayne State Universityの研究グループは、癌遺伝子とされているmineral dust-induced gene (mdig)の第3エクソンを標的とするCRISPR-Cas9によって、BEAS-2Bヒト気管支上皮細胞株、A549肺癌細胞株、MDA-MB-231トリプルネガティブ乳癌細胞株において、mdigのノックアウトに成功した。
  • 同時に、RT-PCRとサンガーシーケンシングにより、二本鎖DNA切断部位周辺での9塩基または24塩基などの欠失, 第3エクソン全体の欠失、選択的スプラシングを介した第3から第7までのエクソンの欠失、が発生することを見出した。
  • また、BEAS-2B細胞と A549細胞において、第3エクソン以外のエクソンにSNPが発生することも見出した。
4. 代謝工学:大腸菌ゲノムへの12 kbサイズのDNA分子組込みを、λ-Red組換にCRISPR/Cas9セレクションを組合せることで実現
[出典] "Homology-dependent recombination of large synthetic pathways into E. coli genome via λ-Red and CRISPR/Cas9 dependent selection methodology" Su B, Song D, Zhu H. Microb Cell Fact 2020-05-24
 広東微生物研究所の研究チームは今回、λ-redによりrecAを介した相同組換えの効率を上げ、CRISPR-Cas9により組換後に不要になった配列を除去することで (Fig. 1引用下図参照)、λ-red & CRISPR
大規模な生合成経路、MEP pathway (非メバロン酸経路)とlycopene synthetic pathway (リコペン生合成経路)を効率100%にてE. coli W3110ゲノムに組込み、組込み前の株および参照株に対してルコペンの収量を106倍と4.4倍にまで増量した。