[出典] NEWS "In its first tough test, CRISPR base editing slashes cholesterol levels in monkeys" Begley S STAT 2020-06-27; ICCSR 2020講演者・Verve Therapeutics共同設立者Kiran Musunuruのツイート[文末に引用]

 ICCRS (国際幹細胞学会) 2020 Virtual Meetingの"Clinical Innovation & Gene Editing"プレナリーセッションにでVerve Theratpeuticsの共同設立者Kiran Musunuruが、カニクイザルにPCSK9ANGPTL3を標的する塩基エディター (ABE)を脂質ナノ粒子で送達した結果を報告した [Verve TheratpeuticsはABEをBeam Theratpeuticsからライセンスしていた]。
  • PCSK9を標的とした7頭:編集効率 67%; PCSK9レベル 89%減; LDLコレステロール 59%減
  • ANGPTL3を標的とした7頭: 編集効率 60%; ANGPTL3レベル 95%減; LDL コレステロール 19%減; トリグリセライド(TG/中性脂肪)レベル 64%減
  • カニクイザルとヒト培養肝細胞にはABE編集による異常はみられなかった (オフターゲット編集の配列レベルでの解析については言及されず)
先行研究
 2006年から2010年にかけて、PCSK9およびANGPTL3のナンセンス変異が、それぞれ、LDLコレステロールのレベルと冠動脈疾患のリスクの低減、および、トリグリセライドのレベルと心疾患のリスクを低減することが、報告されていた。
  1. PCSK9ナンセンス変異: "Sequence Variations in PCSK9, Low LDL, and Protection against Coronary Heart Disease" Cohen JC [..] Hobbs HH. N Engl J Med 2006-03-23. 
  2. ANGPTL3ナンセンス変異: "Exome Sequencing, ANGPTL3 Mutations, and Familial Combined Hypolipidemia" Musunuru K [..]  Kathiresan S. N Engl J Med 2010-12-02
  3. ANGPTL3とTGレベルおよびLDLレベルとの相関: "Biological, Clinical and Population Relevance of 95 Loci for Blood Lipids" Teslovich TM, Musunuru K [..] Kathiresan S. Nature 2010-08-05
研究の経緯 - Kiran Musunuruのツイートとcrisp_bio記事から